パントリーの自由度アップには可動棚!作るメリットや注意点

キッチンの可動棚

パントリーは食料庫として、常温で保存できるものや、キッチンの道具が収納できる場所です。しかし、他の間取りとの兼ね合いで広いスペースを作るのは難しいこともあるでしょう。

今回は可動棚を作るメリットや注意点について紹介します。

パントリーに可動棚を作るメリット

パントリーに可動棚を作るメリットは、棚の位置を調整できることです。

位置が変えられると何ができるのか、解説します。

収納するものに合わせて、棚の位置を調整できる

可動棚は収納するものに合わせて、棚の位置を調整できることがメリットです。

パントリーに置きたいものは、以下のようにさまざまなものがあります。

  • 調味料
  • パン
  • 洗剤や掃除用品
  • 果実酒などの瓶
  • お米

これらのものはそれぞれ大きさが違い、どこに何を奥かで高さが変えられます。

可動棚があることで、置くものに合わせ、最適な高さに調整できるため、より使い勝手のよいレイアウトの調整できます。

生活スタイルの変化に対応できる

可動棚は、生活スタイルの変化に対応できる点が特徴です。

子どもの成長に合わせて、使うものの種類や量は変化します。

可動棚であれば、そのような生活スタイルの変化に合わせて、高さを調整可能です。

また、子どものものを置くときには、子どもの成長に合わせて高さを変えることもできます。

可動棚を作る際の注意点

可動棚は便利ですが、注意したい点もあります。

ここではどのような点に注意するべきか、解説します。

高さを変えるのは手間がかかる

可動棚は高さを変えられることがメリットですが、変えるのは手間がかかります。

棚にあるものをどかす必要があり、棚自体にも、重量があるためです。

パントリーは狭くなりやすいため、狭い空間で位置を変えることで、壁に板をぶつけてしまい傷つける恐れもあります。

特に女性が調整するのは難しいので、注意しましょう。

DIYは失敗しやすい

可動棚は便利ですが、大工さんに依頼すると高価になるため、自分でやろうという人もいます。しかし、DIYは失敗しやすくおすすめできません。

部品自体は簡単に揃えられますが、耐荷重を考えつつ、高さを揃えなければいけません。

高さを正確に揃えるためには、慎重に計測し、ズレなく取り付ける必要があります。

高さを揃えるのに失敗すると、棚がガタついてしまい、使い勝手も悪くなるでしょう。

可動棚でパントリーをもっと便利に!

可動棚は棚の調整をすることで、棚の使い勝手をよくできることがメリットです。

柔軟に取り付け位置を調整することで、作業動線がよくなり、毎日の料理がより楽しくなります。

関連記事

  1. トイレの音
  2. キッチン収納
  3. トイレの間取り
  4. キッチンの選び方
  5. 注文住宅の打ち合わせで、子どもをどうする?
  6. 子どもとの打ち合わせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA