キッチン収納の種類は?種類と特徴をわかりやすく

キッチンの選び方

キッチン収納はさまざまな種類がありますが、種類ごとの特徴やメリット、デメリットを把握しておくと、効率的な収納ができます。

ここではキッチン収納の種類や特徴をわかりやすく解説します。

キッチン収納の種類

キッチン収納の種類は以下の通りです。

  • 吊り戸棚
  • フロアキャビネット
  • パントリー
  • カウンター下
  • 食器棚

これらの特徴について、次で解説します。

吊り戸棚

吊り戸棚とは、壁面上部に設置する収納家具です。キッチンの場合には、レンジフードを除く丈夫や壁面に設置されます。

開き扉や引き違いなどのタイプが一般的ですが、最近では手動昇降機付きや電動昇降できるタイプもあります。上部にあるため、ものが引き出しにくいですが、スペースが無駄にならない点がメリットです。

普段あまり使わないもの、軽めのものを置くのがよいでしょう。

フロアキャビネット

フロアキャビネットとは、キッチンのシンクや作業スペース、コンロの下にある収納スペースです。

キッチンでもっとも使われる収納スペースで、開き扉と引き出しに分けられます。

引き出しの方がデッドスペースが少なく、多くのものを収納可能です。

シンク下には、水回りで使うざるやボウル、作業スペースには、包丁など作業で使うもの、コンロ下には、フライパンなどをしまうのが一般的です。

パントリー

パントリーは食品や食器を置くためのスペースです。

ある程度スペースを使いますが、食材などを多く収納でき、キッチン周りをスッキリさせられます。

料理の頻度が高く、多くの食材を使いたい人におすすめです。

カウンター下

カウンター型のキッチンを使っている場合、カウンター下にも収納スペースがあります。

キッチンの反対側なので、使い勝手はそれほどですが、普段使わない食器や保存食、非常食などを保管できるのがメリットです。

扉がないタイプのものにすると、「見せる収納」にもできます。

食器棚

食器棚は食器やキッチン家電を大量に収納できます。上から下まで収納できるスペースが作れ、収納力が高いのが特徴です。

また、ゴミ箱をこのスペースに設置すると、ゴミ箱を見せない収納ができます。

キッチン収納を目的に合わせうまく使おう

キッチン収納は種類が多く、うまく使い分けることで、効率的に整理できます。

この記事を参考に、キッチン周りの収納を最適化しましょう。

関連記事

  1. 地鎮祭
  2. 家計を気にする女性
  3. 子どもとの打ち合わせ
  4. 注文住宅のトラブル
  5. キッチンの種類
  6. 新築で決めること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA