土壁のシミの原因は?早めに原因追求して対処しよう

土壁のシミの原因は?

土壁に身に覚えがないシミがついてお困りではないでしょうか。

身に覚えがないシミは放置すると、深刻なトラブルになるケースもあり、原因究明と対処が必要です。

今回は土壁にシミができる原因は何があるか解説します。

土壁にシミができる原因

土壁は水に弱く、水が付着するとシミになります。

そのため、濡れた雑巾で触る、ペットの粗相、子どものいたずらなどもあるでしょう。

しかし、それ以外に原因がある場合、建物に深刻な被害を与えるものもあります。

土壁にシミができる原因として多いものを紹介します。

古い家に多いですが、新しい家でも当てはまるケースがあるため、注意しましょう。

部屋の湿度が高い

部屋の湿度が高い場合にシミができることがあります。

土壁は湿気を吸収するため、ちょっとした水分であれば問題ありません。

しかし、換気をしていない場合、湿度があまりにも高い場合は、吸収しきれず、壁に水分が付着し、シミになる可能性があります。

結露

結露によって壁内部が結露し、シミになることがあります。

壁内部の場合は、中の断熱材にカビが生えている可能性もあるため、健康被害に発展する可能性もあります。

カビが生えていないはずなのに、カビ臭いなどの症状がある場合には、注意しましょう。

雨漏れ

雨漏れによって、水分が集中したことで、シミができる可能性があります。

雨漏れの場合、放置すると深刻なトラブルに発展します。

そのため、雨漏れの原因を追求し、解決しなければ雨漏りによって建物が傷む原因になりかねません。

できるだけ早く原因を究明し、対処しましょう。

排水の漏れ

トイレや洗面、お風呂、キッチンなど、水回りが近くにある場合、排水の漏れが原因の可能性もあります。

これも雨漏れと同様に放置すると、建物が傷むため、早めに対処しましょう。

獣による被害

獣による被害が原因の可能性もあります。

最近の住宅ではあまりありませんが、古い住宅の場合、屋根の周りや建物に隙間があり、屋根や壁に動物が侵入している可能性があります。

それらの動物の糞尿によるシミができることがシミの原因です。

放置すると、その周囲の劣化が進むだけではなく、匂いの原因にもなるため、迅速な対応が必要です。

放置するほど、中で動物が繁殖するため、対応費用も高額になります。

身に覚えのないシミは早めに対処しよう

今回は土壁にシミができてしまう原因について解説しました。

シミの原因の中には、放置すると深刻なトラブルになるものもあるため、シミの原因に心当たりがない場合は、早めにシミができた原因を追求する必要があります。

この記事を参考に、早めに原因追求し、改善しましょう。

関連記事

  1. テレビの壁掛けは土壁にもできる?
  2. 土壁は雨に溶けない?すぐ溶けない理由や外壁材としての特徴は?
  3. 木造と鉄筋コンクリートの違いは?価格や断熱性など7つから比較
  4. 家の中で熱中症を防ぐには?効果的な対策4選
  5. 二世帯住宅がうるさいトラブルの対策
  6. 土壁に油

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA