土壁は雨に溶けない?すぐ溶けない理由や外壁材としての特徴は?

土壁は雨に溶けない?すぐ溶けない理由や外壁材としての特徴は?

土壁は雨が降ったらすぐにダメになるのでは?

そう疑問ではないでしょうか。

土を丸めても、水ですぐに壊れてしまいます。

しかし、土壁になると、すぐに壊れないことに違和感がある人もいるかもしれません。

今回は土壁が雨にすぐ溶けない理由を解説します。

土壁が雨に溶けない理由

土壁が雨に溶けないのは以下の理由です。

  • 土壁の中は粘土が多く含まれるため
  • 土壁の中にはつなぎが含まれるため

次で解説します。

1. 土壁の中は粘土が多く含まれるため

土壁が雨に溶けないのは、土壁の原料に粘土が多く含まれるためです。

田んぼをイメージするとわかりやすいですが、粘土質の土は水を含みにくくなっています。

土壁は主原料に粘土を多く含むため、雨水に触れてもすぐにダメになることはありません。

2. 土壁の中にはつなぎが含まれるため

土壁のにはあさやすさなどのつなぎが含まれています。

あさやすさなどのつなぎは土の強度を上げる役割を果たしており、土壁が簡単に壊れないのは、これらの素材によって強度が上がっているためです。

土壁より耐久性が高い外壁材はある

土壁は日本古来から使われている素材ですが、

外壁材として使うにはメンテナンスが欠かせません。

定期的な塗り直しが必要で、コストがかかってしまいます。

耐久面でいえば他に耐久性がある素材も多いため、土壁が使われる頻度は下がっています。

しかし、内装材としての土壁の魅力はあり、土壁の部屋を快適に保つ性質は非常に優秀です。

土壁は内装で使うとより快適に!

この記事では土壁の外壁が雨に触れても、壊れにくい理由を解説しました。

土壁は雨に触れてすぐ壊れるということはありませんが、定期的なメンテナンスは欠かせません。

しかし、土壁は内装に使うことで、部屋をより快適にしてくれる効果があります。

内装材として検討してみてはいかがでしょうか。

小川建築への問い合わせはこちら

関連記事

  1. トイレの黒ずみは何?原因や対処法とは?
  2. 二世帯住宅がうるさいトラブルの対策
  3. 土壁のシミの原因は?
  4. 木造と鉄筋コンクリートの違いは?価格や断熱性など7つから比較
  5. テレビの壁掛けは土壁にもできる?
  6. 土壁に油

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA