キッチンの形には種類がある!種類ごとのメリット・デメリット

キッチンの種類

キッチンの形によって、作業性やコミュニケーションのしやすさ、見た目の印象に大きな違いがあります。そのため、種類ごとの特徴を知り、目的に合った形のキッチンを選ぶことが大切です。

今回は、キッチンの種類ごとのメリットとデメリットについて解説します。

キッチンの種類ごとのメリット・デメリット

キッチンの種類としては以下のものがあります。

  • L型
  • U型
  • アイランド
  • ペニンシュラ
  • I型
  • II型

それぞれのメリットとデメリットについて、次で解説します。

L型

L型キッチンとは、L字型に曲がったキッチンです。

作業スペースが広くなりつつ、動線が短くなります。コーナーがデッドスペースになる可能性がありますが、よく使う家電をここに置くと、便利に使用できます。

対面式でも、壁付でも利用可能です。壁付の場合は、よりキッチンを広く使用でき、対面の場合は、コミュニケーションも楽になります。

ただし、冷蔵庫の配置には工夫が必要で、作業に支障が出ないよう配置することがポイントです。

U型

U型とは、いわゆるコの字型のキッチンです。作業ペースが広く、身体の向きを変えるだけで別の作業ができ、作業性が高くなっています。

しかし、コーナー部分が2箇所あり、デッドスペースが生まれないよう工夫が必要になるうえ、価格が高くなりがちな点がデメリットです。

また、人が入るスペースはほぼなく、複数人での作業には向いていません。

アイランド

アイランドキッチンとは、キッチンがアイランドのように独立したキッチンです。開放感があり、コミュニケーションが取りやすくなります。

間取りの自由度は高く、キッチンの細かい要望に対応しやすい点もメリットです。

ただし、スペースが広くなりやすく、間取りに限りがある場合には、採用できません。

また、キッチンが見えてしまうため、来客者にキッチンが見られないよう、キッチンの整理整頓をする必要があります。料理中の匂いや油が飛散することもあるため、換気扇の性能や油が飛ばない工夫も必要です。

ペニンシュラ

ペニンシュラキッチンとは、アイランドの片側を壁にくっつけた形のキッチンです。

アイランド型の特徴を持ちつつ、片側の壁をつけることで、アイランド型よりも、省スペースでの設置ができます。

I型

I型キッチンはキッチン・コンロ・シンクが1列になったキッチンです。

形がシンプルで、価格が抑えられます。また、スペースを取らないため、間取りに制約がある場合にも有効な選択肢です。

ただし、壁型にキッチンを配置するため、キッチンからコミュニケーションは取りにくく、来客時にはキッチンがそのまま見えてしまう点がデメリットです。

II型

II型キッチンは2列並んだキッチンにコンロやシンク、作業スペースを分配して作るキッチンです。動線を短くしつつ、広い作業スペースが確保できます。

ただし、スペースが必要で、間取りに制約がある場合には難しくなるでしょう。

また、振り向き動作が多く、材料の持ち運びは工夫をしなければ、キッチンを汚してしまう可能性もあります。

キッチンごとの特性を把握して、目的に合わせてキッチンを選ぼう

キッチンはコミュニケーションの取りやすさや作業性などの観点から、目的に合ったものを選ぶことが大切です。

種類はさまざまですが、特徴を知っておけば、目的に合わせたキッチン選びができるでしょう。

後悔しないキッチン選びの参考にしてください。

関連記事

  1. 子どもとの打ち合わせ
  2. トイレの窓
  3. パントリーで後悔している女性2
  4. 家の中で熱中症を防ぐには?効果的な対策4選
  5. 土壁にエアコン
  6. テレビの壁掛けは土壁にもできる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA