注文住宅のキッチン選びのポイントは?

キッチン選び

注文住宅ではキッチンは選べる選択肢も多く、どれがよいか迷ってしまいます。

しかし、憧れだけでキッチンを選ぶと後悔する可能性があるため、選び方が大切です。

今回は注文住宅でキッチンを選ぶためのポイントについて、紹介します。

注文住宅でキッチンを選ぶポイント

  1. キッチンの高さ
  2. 収納
  3. コンセント
  4. キッチンの種類

それぞれ選ぶポイントを次で解説します。

キッチンの高さ

キッチンの高さは作業のしやすさに関わる重要なポイントです。

高さが適切ではない場合、料理がしにくく、腰を傷めてしまいます。

キッチンの高さは必ず確認し、後悔しないようにしましょう。

ショールームで高さについては確認できるため、事前に確認するのが、おすすめです。

収納

キッチンは収納をどこに、何を配置するかが問題です。

キッチンに収納したいものは

  • キッチン家電
  • 食材
  • キッチン用品
  • ゴミ箱

などさまざまです。

また、収納スペースとして何を作るかも問題になります。パントリーや吊り戸棚、引き出しがありますが、収納量や使い勝手を考えて選ぶことが大切です。

コンセント

キッチンに欠かせないコンセントは、位置や数が適切かどうかが問題になります。

キッチンのコンセントが不適切であれば、使い勝手が非常に悪くなるため、注意しましょう。

キッチンの種類

キッチンの種類はさまざまで、具体的には以下のものがあります。

  • L型
  • アイランド
  • ペニンシュラ
  • I型
  • II型

それぞれ、メリットや設置に必要なスペースが変わるため、慎重に検討しましょう。

キッチンを選ぶときのポイントを抑えて失敗しない注文住宅を

キッチンの選び方のポイントは多く、何から考えればよいか困る人も多いでしょう。

しかし、キッチンの中でも重要なものを押さえて選べば、後悔する可能性はグッと少なくなります。

後悔しない間取り作りの参考にしてください。

関連記事

  1. 打ち合わせ中に不満を持つ女性
  2. 二世帯住宅の種類
  3. 雨の日の家づくり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA