二世帯住宅で建築コストを抑えるのはアリ?メリットについて解説

二世帯住宅で建築コストを抑えるのはアリ?メリットについて解説

二世帯住宅は、建築コストを下げて建てられるため、検証している人も多いのではないでしょうか。二世帯住宅は、二つの世帯が同時に住むため、うまく取り入れられれば、生活コストをより抑えて生活できます。

この記事では二世帯住宅を建てるメリットについて、解説します。

二世帯住宅を建てるメリット

二世帯住宅を建てる場合、以下のメリットがあります。

  1. 建築コストが安く済む
  2. 生活面で協力しやすい
  3. 生活コストが抑えられる場合がある
  4. 相続税が抑えられる

次で詳しく解説します。

①:建築コストが安く済む

二世帯住宅は建築コストをかなり安く抑えられます。

元々の建築コストの半分程度で抑えられ、大幅に金銭負担が軽くなることがメリットです。

そのため、予算に限りがあり、子世帯のマイホームが難しい場合二世帯住宅が選択肢になるでしょう。

②:生活面で協力しやすい

二世帯住宅は生活面で協力しやすいです。

子世帯が共働きの場合、子どもの面倒の問題がありますが、親世帯がいることで、子どものお世話をお願いできます。ペットのお世話も安心です。

親世帯にとっても話し相手や遊び相手がいることで、精神的な安らぎも得られます。

③:生活コストが抑えられる場合がある

二世帯住宅は生活コストも安く抑えられる場合があります。

お風呂やキッチンを共有していれば、光熱費が抑えられ、通常の半分程度の負担に抑えられます。

また、朝晩のご飯を一緒に作れば、それぞれの負担が軽くなるでしょう。

④:相続税が抑えられる

二世帯住宅は相続税対策に便利です。

二世帯住宅の場合、「小規模宅地等の特例」を適用させることで、土地の評価額が抑えられます。

被相続人が居住している自宅で、子どもが引き続き生活する場合、相続税の申告期限までに居住と所有を継続すると申告すれば、特例が適用可能です。

最大で80%評価額を減額できるため、相続税の負担が大幅に軽くなるでしょう。

二世帯住宅をうまく利用して、生活を楽にしよう

この記事では二世帯住宅のメリットについて解説しました。

二世帯住宅は、トラブルになる場合もありますが、メリットも大きいため、うまく導入すれば、生活が楽になるでしょう。

関連記事

  1. 平均寿命は30年?日本の住宅が長持ちしないのはなぜ?
  2. 床暖房とはどんな暖房?仕組みやメリット・デメリットを解説!
  3. 狭い土地でも広く見える家を建てたい!2つの対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。