高気密・高断熱住宅とは?

高気密・高断熱住宅とは?

高気密・高断熱住宅が注目されることが増えてきました。

しかし、どのような住宅なのか、なぜ注目されているのかわからない人もいるのではないでしょうか。

この記事では、高気密・高断熱住宅とはどのようなものか、特徴を解説します。

高気密と高断熱とは

高気密とは空気の通り道をつくらず、外の空気を中に入れない性能のことです。

従来の住宅は柱や壁の隙間、窓など空気の通り道がどこかしらにありました。

高気密住宅ではそのような隙間をなくします。

高断熱とは、外の熱を中に伝えない性質のことです。

断熱材を入れることで、外の温度の影響を受けにくくなり、夏場でも暑くなりにくく、冬寒くなりにくくなります。

高気密と高断熱はセットであることが大切

高気密と高断熱はそれぞれ意味が異なりますが、それぞれ深い関連性があります。

どちらかを重視すればよいわけではなく、どちらの性能もこだわらなければ住宅トラブルが発生しかねません

高気密でも断熱性が不十分な場合、壁と外で隙間ができ、結露が起こりやすくなります。

断熱性にこだわっても、気密性が不十分なら、断熱材を施工した場所とは別の隙間から部屋の空気が外に逃げ、外の空気が中に入ってしまいます。

そのような場合、部屋の快適性は確保できません。

高気密・高断熱はデメリットも

高気密・高断熱の住宅は部屋の快適性が確保でき、メリットもありますが、デメリットがないわけではありません。

特にこまめな換気は意識して行う必要がありますし、掃除も一般的な住宅以上に重要になります。

24時間換気システムの導入が義務付けられているため、以前ほど影響は受けないものの、システムを一時的に停止させることはできるため、管理方法には注意が必要です。

高気密・高断熱住宅の性質を正しく知っておこう

この記事では高気密・高断熱住宅とはどのようなものか、その性質やメリットについて解説しました。

高気密・高断熱住宅は部屋の温度が安定し、快適な環境を作りやすいですが、その性質を理解し、適切な使い方をしなければ、健康を損なう可能性もあります

この記事を参考に、高気密・高断熱住宅が自分に合っているかどうか検討してみてください。

小川建築では宮大工の技術を生かし、土壁や自然素材を使った住宅で、高気密・高断熱とは異なる魅力の住宅を提供しています。

小川建築への問い合わせはこちら

関連記事

  1. なんとかしたい!注文住宅の夫婦喧嘩の対処法は??
  2. 床暖房で後悔!導入しない方がよい人の特徴は?
  3. 完全二世帯住宅で後悔
  4. 床暖房とはどんな暖房?仕組みやメリット・デメリットを解説!
  5. 地鎮祭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。