住宅購入をするなら何歳がいい?最適な年齢とは

「住宅購入を考えているけれど、何歳くらいに購入するべきなのかわからない」
そうお悩みではないでしょうか。

住宅購入をいつかしたいと考えているけれど、なかなか踏ん切りがつかないと言う人も少なくありません。

住宅を購入するときにはローンを組むことも多いですし、そうした不安を抱える人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事は住宅購入をするなら何歳がよいのか具体的にお伝えします。

住宅を購入する人の平均年齢は?

住宅を購入する人の平均年齢は、40歳前後です。

国土交通省の調査によるともっとも住宅を購入するのが多い世代は30代です。
具体的には以下のようになります。

  • 30歳未満:7.8%
  • 30歳代:49.1%
  • 40歳代:31.1%
  • 50歳代:7.8%
  • 60際以上:4.2%

50代以降になると、購入する人が大幅に少なくなるのがわかります。

住宅を購入する人の年収の平均額は?

「住宅を購入する人がどのくらいの年収を手にしているのか気になる」
と言う人も多いですよね。

住宅を購入する人の平均額は、平成26年度国土交通省による住宅市場動向調査によると、以下のようになります。

  • 400万円未満:5.1%
  • 400万〜600万未満:34.5%
  • 600万〜800万未満:28.7%
  • 800万〜1000万未満:13.0%
  • 1000万〜1200万未満:5.5%
  • 1200万以上:4.0%
  • 無回答:9.2%

もっとも多いのは400万〜600万円の世代です。
30代前後の収入だと考えると、納得しやすい結果と言えると思います。

30〜40代で住宅を購入する人が多い理由とは?

「でも30〜40代で住宅を購入する人が多いのはどうしてなの?」
そう考える人もいますよね。

それには住宅ローンの年齢制限と最大融資年数が関わっています。

と言うのも、最大融資年数は最長でも35年、完済した時の年齢が76歳未満になるように条件がつけられていることが多いからです。

金融機関によって条件が異なることはありますが、多くの住宅ローンで完済時の年齢に制限があります。
そのため40歳を超えると、最大融資年数がどんどん短くなってしまうのです。

返済が長期になるほど月々の支払額は抑えられますので、無理な返済計画を組まずとも支払いが可能になります。

これに対して年齢が40を超えたあたりから最大融資年数がどんどん短くなります。
最大融資年数が短くなればそれだけ月々の支払額は大きくなり、その結果求められる自己資金も多く必要になります。

住宅を購入するなら30代がおすすめ

今回は住宅を購入する人の年齢がどのくらいなのか、その理由も含めて開設しました。
30歳を目処に購入すると、その後の返済計画に無理が出にくくその世代の人が住宅を購入する人の中には多かったですね。

もし住宅を購入する場合には、住宅ローンで月々の支払額はいくらまでに抑えられるか、完済時の年齢はいくらになるか、シミュレーションすることからはじめてみましょう。

関連記事

  1. なんとかしたい!注文住宅の夫婦喧嘩の対処法は??
  2. 老後まで住むなら平屋が一番!その4つのメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP