平屋の防犯は対策すれば怖くない!その5つの対処法は?

「平屋を建てたいけれど、防犯面で不安」
そうお悩みではありませんか?
平屋は窓が大きくなりがちですし、中の様子が見えやすく、空き巣に狙われやすい家の一つです。
ですが、適切な対策をとってさえいれば、他の建物とほぼ同様またはそれ以下にリスクを減らすことは十分可能です。
そこでこの記事では、平屋に施しておくべき防犯対策について具体的にお伝えします。
 

平屋はどうして狙われるの?

では平屋はどうして狙われるのでしょうか。
その一番の理由は、守るべき開口が増えるからです。
また見晴らしがよいと、生活状況を把握されやすいため、狙われるリスクは高くなります。
ですが、じゃあ平屋は防犯面でザルだと考えるのは少し早いかと思います。
平屋であっても適切に防犯対策をしてあれば、空き巣が入ることが難しい家を建てることは可能です。
また「この家は防犯対策をしている」そう思わせるだけで、空き巣などの被害にあう確率はぐっと少なくなりますよ。
 

平屋で対策しておくべき防犯対策とは?

では平屋で対策しておくべき防犯対策はどのようなものがあるでしょうか。
具体的には以下のものがあります。

  1. 防犯フィルムを施工する
  2. 補助鍵を設置する
  3. 死角を作らない
  4. センサーライトも有効
  5. ご近所づきあいも大切に

 

防犯フィルムを施工する

防犯フィルムを施工しておくことは、防犯対策に有効です。
窓に防犯フィルムを施工しておくと、空き巣が窓を割って侵入するということが難しくなります。
窓ガラスを割るのに時間がかかるため、犯人は反抗を諦めやすくなります。
空き巣は5分以上かかる場合にほとんど諦めてしまうと言います。
特に人が侵入しやすい開口の大きい窓は、しっかりと施工するのがおすすめです。
 

補助鍵を設置する

開口の大きな窓に対して補助鍵をしておくのもおすすめです。
鍵を開けるのが難しくなるため、空き巣は反抗を諦めやすくなります。
 

死角を作らない

空き巣に入られないためには、死角をできるだけ作らないようにしておくことがおすすめです。
死角があればあるほど、空き巣は侵入しやすくなります
また庭などにお金のかかる木や目につくものがあるのも、防犯の観点から考えるとおすすめではありません。
 

センサーライトも有効

防犯対策にはセンサーライトも有効な対策です。
空き巣などは「人から見られる」ことをとても嫌うため、センサーライトがあるだけでそういった意識をうえつける効果もあります。
また実際に目につきやすくなるため、諦める可能性も高くなります。
 

ご近所づきあいも大切に

防犯対策を行うには、ご近所付き合いも効果があります。
近所の連絡を密に取れているほど、犯人にとっては入りにくい空間になるため、防犯対策に十分効果を発揮します。
 

対策さえしておけば、平屋でも安心できる家は建てられる

今回は平屋でしておくべき防犯対策を具体的にお伝えしました。
具体的には以下のものがありましたね。

  1. 防犯フィルムを施工する
  2. 死角を作らない
  3. センサーライトも有効
  4. ご近所づきあいも大切に
  5. 補助鍵を設置する

これらの対策は基本的なものばかりではありますが、「防犯対策を施している」ということは空き巣にもわかります。
それだけでも十分に防犯効果があります。
また2階建ての家であっても、防犯対策をしていない家は空き巣にはわかりますし、そういった家の方がターゲットにされやすいとも言えます。
ですので、しっかりと防犯対策さえしておけば、平屋だからと言って不安になる必要はありませんよ。
 

関連記事

  1. なんとかしたい!注文住宅の夫婦喧嘩の対処法は??
  2. 住宅を買って後悔したくない!購入前に考えるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA