二世帯住宅なら完全分離がおすすめ!メリットを解説します

完全分離型二世帯住宅

新築の建て方として、二世帯住宅を検討している人も多いのではないでしょうか。

二世帯住宅の建て方はいろいろありますが、一番失敗しにくいのが完全分離型の住宅です。

今回は、完全分離型二世帯住宅とは何か、メリットまで解説します。

 

完全分離型二世帯住宅とは

完全分離型二世帯住宅とは扉から住宅設備など、全ての設備を分けた二世帯住宅の建て方です。

親世帯は1階、子世帯は2階のように完全に分けられています。

そのため、二世帯住宅でありながら、ほぼ別世帯として生活できることが特徴です。

 

完全分離型二世帯住宅のメリット

完全分離型二世帯住宅のメリットは以下の通りです。

  1. 二世帯住宅で生活面での不満が出にくい
  2. お金で揉めることも少ない
  3. 相続がしやすい
  4. 売却難易度が下がる

次で詳しく解説します。

 

①:二世帯住宅で生活面での不満が出にくい

完全分離型二世帯住宅は、生活面で不満が出にくいことがメリットです。

キッチンなどの水回りを共有している場合、それぞれの使い方について不満が出ることもあります。

またお風呂は時間を調整する必要があり、ルールを決めておかなければ揉めてしまいやすいです。

生活スペースを一部でも共有していると、空間が一つでつながるため、音の問題も発生する可能性があります。

完全分離型であれば、このようなリスクをかなり抑えられるでしょう。

 

②:お金で揉めることも少ない

完全分離型二世帯住宅はお金で揉めることが少ないです。

光熱費などの生活費が完全に別のため、お金の公平性が確保できます

建築コストについても、それぞれで折半しやすく、それぞれで納得しやすいでしょう。

 

③:相続がしやすい

完全分離型は兄弟間の相続がしやすいことがメリットです。

2人兄弟の場合、親世帯がなくなったあと、もういなくなった方の区画を相続できます。

3人兄弟の場合は話が変わりますが、相続のことまで考えるなら、完全分離型の方が、トラブルは少ないでしょう。

 

④:売却難易度が下がる

完全分離型二世帯住宅は売却する場合の難易度が下がります。

二世帯住宅は需要が少ないため、一部でも共有している場合、売却難易度が大きく上がります。

完全分離型の場合、それぞれ一つの部屋として売却できるため、共有している場合よりは売却しやすいです。

賃貸として貸し出しもできます。

それでも、簡単に売却できるとはいえませんが、少しでも売却する可能性をあげるなら、完全分離型の方がよいでしょう。

 

完全分離型二世帯住宅で後悔しない家を建てよう

完全分離型二世帯住宅とは何か、特徴やメリットについて解説しました。

完全分離型はそれぞれの区画が明確に分けられるため、トラブルが少なく、相続など、将来的にもメリットがあります。

この記事を参考に完全分離型二世帯住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 二世帯住宅で遊ぶおじいちゃんと孫
  2. おしゃれさだけでは選べない?スキップフロアのデメリット
  3. 吹き抜けの対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA