工事着工からお引き渡しまでの流れ

前回はお問合せをいただいてからご契約に至るまでの流れをお話しさせていただきました。

工事が始まってから実際に住めるようになるまでどのくらいかかるかご存じない方も少なくないと思います。

今回は契約してからどのようにお家が建っていくのか、どのくらいの期間がかかるのか、その簡単な流れをご説明したいと思います。

 

はじめに:地盤調査、および地盤改良(0~1か月)

工事を始める前に地盤が十分に家を支える強さになっているかの調査をいたします。

地盤調査の結果次第で家を建てるのに十分な強度がないと判断した場合、地盤改良を行わせていただくこともございます。

ここの工程が地盤改良の結果によって多少前後するのですが、約1か月かかります。

地鎮祭

ビニールや紐で最初に図面を確認しながら敷地内に実際に建物を配置していく地縄張りを行っていきます。

そこから神主を呼び地鎮祭を行います。

その土地の神様に工事の無事や安全を祈り、家や家族の繁栄を祈る儀式という意味合いのある大切な儀式です。

 

1~2か月目:基礎工事(約1か月)

地盤改良が無事終了しましたら基礎工事を開始します。

大まかな流れは以下のようになります。

・基礎の形に少し地盤を掘り、砕石を敷き詰め、地盤を固める。

・防湿シートを敷き詰め、地面から湿気がのぼってこないようにする。

・基礎を作るための型枠を設置し、コンクリートを流し込む。

コンクリートを固めるために1週間ほど時間を空けた後で型枠を取り外し、これにて基礎工事が完了いたします。

 

2~3か月目:大工工事(土台から躯体まで)

基礎工事が終わると、いよいよ大工さんが入って基礎の土台を組み立てていきます。

この日の前に材料を搬入し、土台を作り終えたら柱などの建物の骨組み(躯体)を組み立てていくための準備をしていきます。

建前

土台を組み終わると、いよいよ骨組みである躯体を作る工事に入っていきます。

この日は大工さんも大勢が関わり1日作業で仕上げていきます。

土台の床しかない状態から、この日のうちに屋根の下地まで組み上げていくので一気に建物が建つという実感が湧いてくるのではないでしょうか。

大工の花形とも言える工事ですし、どんどん家の形が出来てくるので見ているだけでも楽しめます。

お時間等都合がよろしければ自分たちの家が出来上がっていく様子をぜひ直接見ていただきたいと思います。

 

現場確認・打ち合わせ

現場の躯体が完成したら土壁を塗り始めるのですが、その前に現場の確認を私たちとお客様とでしていきます。

なぜそんなことをするのかと言うと、お客様が図面上で見ているイメージとこれから実際に建つ家にはある程度のギャップが生じるからです。

自分の目で見て、はじめて気が付くこともあります。

コンセントが遠いのではないかですとか、ウォークインクローゼットの中に照明がないと暗くなってしまうのではないかとかそういうことに気が付きます。

そのイメージとのずれを一緒に修正していきましょう。

 

4~5か月目:屋根・土壁の施工

ここから屋根と土壁の施工が同時並行で進んでいきます。屋根は家の構造を雨から防ぐ役割があるため、工事も迅速に進めていきます。

また土壁も中と外の両側から何回も重ねて塗り合わせていきます。

 

6~7か月目:乾燥養生(1か月)

土壁は塗ってからしばらくは水分が含まれており、土壁がある程度しばらく乾燥させる必要があります。

この期間を約1か月取らせていただきます。

この乾燥期間をしっかりととることで、乾燥して伸縮することでのひび割れなどを避けることが出来ます。

ただし、1か月というのはあくまで目安であり、工事期間中の天候の影響で期間が前後することがございますのであらかじめご了承ください。

 

7~8か月目:内部造作工事(2~3か月)、外部造作工事

感想養生してある程度、土壁が乾いたらいよいよ内装の工事に取り掛かります。

床の仕上げをしていったり、壁の仕上げ、キッチンの取り付けなども行っていきます。

そして、外部も仕上げにかかります。仕上げが終わると、仮説で立てていた足場も解体していくので外から見た外見はこの段階でほぼ完成です。

 

8~9か月目:お引き渡し

完成後お客様と立ち合いを行い、仕様、図面通りに仕上がっているか確認していただき傷やミスなどがないか確認していきます。

そこで全て問題等なければ無事にお引き渡し完了です。

 

見学について

工事開始期間中は現場の様子を自由に見ていただくことが出来ます。

一生に一度の家づくり、土壁の中身の様子などは仕上げまで完了すると、最終的に見えなくなってしまいます。

そういった工事の中身を見れる機会は中々ありません。

そう言った中身の部分もご自身の目で見ていただくと、より一層家に対する愛着は深まっていくのではないでしょうか。

 

家作りの大まかな流れ

・地盤調査、地盤改良

・基礎

・土台、建前

・屋根、土壁工事

・内部造作工事

家作りの工程は大まかですがこのような工程に分かれます。

目安でいうと、8か月~9か月くらいで完成するようなイメージで思ってもらえればいいでしょうか。

ですが、大きさや天候などの影響を受けて前後することはございますので、あくまで目安としてご理解いただければと思います。

天候や季節によって多少変動するのですが、大体6か月~8か月程度工事完了まで時間がかかります。

ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事

  1. 注文住宅のコンセントで失敗しないために!6つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP