小川建築での打ち合わせから契約までの流れ

新築をご希望される方の場合最初に相談に来られてから、実際にお家が建つまでどのくらいの期間がかかるかぴんと来ていない方もいらっしゃいます。
そこで今回は打ち合わせが始まってから契約に至るまでどのような流れで進んでいくのか簡単に紹介させていただきたいと思います。
 

打ち合わせの流れ

① 要望の確認・ヒアリング

お客様がどのような要望でどのようなお家を建てたいか丁寧にお伺いいたします。
弊社は木組みと土壁を生かした純和風の家を作るのを最も得意としています。
また内部の造作についてもハウスメーカーではまねすることの出来ない細かい造形などもさせていただきます。
ですが、和風の家しか建てられないということではありません。
洋風の家を作ることも可能ですし、土壁を用いない施工ももちろん可能です。
ですのでどんなご要望でも率直にお聞かせください。
また打ち合わせの期間もお客様に合わせ対応いたします。

②仮図面の作成。お見積もりの作成

ある程度お客様の要望をお伺いした段階で図面に起こしてまいります。
弊社の場合は注文住宅ですので、間取りに始まり、外壁、内部の床、壁、照明なども細かく打ち合わせしていきます。
大手のハウスメーカーでは細かい要望などに対応できない場合も少なくありません。
弊社ではどのような要望でも可能な限り対応いたしますのでまずはご相談下さい。
 

打ち合わせ・契約完了後の仕様の変更について

打ち合わせが終わった後、仕様は間取りの変更は難しいのですが、照明などの細かい仕様は着工後でも対応可能なものもあります。
また躯体ができた段階で一度中の仕様について一緒に確認する機会を設けさせていただいております。
図面上で家を見るのと、実際に建つ家のイメージがずれていることも少なくありません。
実際に建てたものの中で打ち合わせすることで、コンセントのちょっとした位置や照明の位置、また棚板を追加で施工するなども可能です。
またその過程で金額に変更が生じる場合は別途費用をいただくこともございます。
あらかじめご了承ください。
 

打ち合わせにどのくらいの期間がかかるのか?

1年弱かかる方もいらっしゃいますし、3か月程度で打ち合わせが終わる方もいらっしゃいます。
1から打ち合わせして決めていくのは意外なほど手間暇がかかります。ですが、理想の家づくりを形にするために細かいこだわりまで遠慮なくお話ししていただければと思います。
その過程で予算を計算して出していき、仕様と予算がすべて決まった段階でご契約となります。
ですが、手間暇がかかった分愛着の持てるお家に仕上がります。
 

入金のタイミングについて

3回に分けて入金していただきます。
・ご契約時
・中間金 (屋根の工事が完了後、工事着工から4~5か月程度の期間)
・工事完了、お引き渡し後
の3回に分けて入金いただいております。
ですがこちらに挙げたものはあくまで一例です。
銀行での都合や、借り入れの都合などお客様のご都合に応じて対応させていただきますので、なんなりとお申し付けください。
 

とことんお客様のわがままに付き合います

長いと1年間かけて打ち合わせをすることもございます。
それもお客様の一生住み続ける住まいを作りたいという思いからくるものです。
近年の住宅は建て替えが前提になっているような仕様であったり工法であることも少なくありません。
弊社では長く、心地よく住むことの出来る住宅を提供していきたい。
そんな想いから、打ち合わせも工事も丁寧に行わせていただいております。

関連記事

  1. 吹き抜けの後悔
  2. 二世帯住宅で遊ぶおじいちゃんと孫
  3. 無垢フローリングの掃除
  4. 平均寿命は30年?日本の住宅が長持ちしないのはなぜ?
  5. 完全分離型二世帯住宅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。