キッチン収納で成功するためのポイント

キッチン収納

キッチン収納は収納するものも種類も多く、どのように収納するべきかは難しい問題です。

今回はキッチン収納で失敗しないためのポイントについて紹介します。

キッチン収納で成功するポイント

キッチン収納で成功するために意識したいポイントは、以下のものがあります。

  1. 使用頻度で分類する
  2. 収納は分類する
  3. 作業の流れを意識する
  4. 種類ごとの特徴を把握する

それぞれの特徴について、次で解説します。

使用頻度で分類する

キッチン収納は、種類ごとの分類だけではなく、使用頻度に分けて収納することが大切です。

食材、調味料、食器、フォークやスプーンなどのカトラリーなど使用頻度が高いものについては、なるべくすぐ使える場所に配置しておくと、スムーズです。

季節ものや用途が使われるものは、普段使うものとは別にし、出しにくい場所に収納しておくと、無駄がありません。

収納は分類する

食器はなるべく細かく分類しましょう。

異なる食器はたとえ配置できるとしても違う場所におくべきです。

同じ場所にまとめることで、省スペースにはなりますが、使い勝手が悪くなり、出しっぱなしを招きやすくなります。

作業の流れを意識する

作業の流れを意識して置き場所を決めると、キッチンの使い勝手は向上します。

コンロで使うフライパンやフライ返しなどはコンロのそばに、食器類はキッチンカウンターの下に、などのように設置すると、効率がよくおすすめです。

種類ごとの特徴を把握する

収納は種類ごとに収納のメリットや特徴があるため、うまく使い分けるようにしましょう。たとえば、以下の種類があります。

  • 吊り戸棚
  • フロアキャビネット
  • パントリー
  • カウンター下
  • 食器棚
  • 背面収納

これらの収納の用途を把握することで、より便利に収納を使いこなせます。

収納の用途や分類をしっかりとして、効率よく収納しよう

キッチンは収納したいものが多く、しっかり考えなければ、きれいに収納できない場所です。

ここで紹介した方法を活用し、より便利に収納できるよう工夫してみてください。

関連記事

  1. カーテンレール
  2. 木造と鉄筋コンクリートの違いは?価格や断熱性など7つから比較
  3. パントリーで片付けをする女性
  4. 家の中で熱中症を防ぐには?効果的な対策4選
  5. 土壁のシミの原因は?
  6. テレビの壁掛けは土壁にもできる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA