パントリーに扉をつけて後悔しないための対策は?

後悔する女性

パントリーは扉をつけると目隠しになりますが、問題も多く安易に取り付けるのはおすすめできません。

デメリットを考慮し、事前に対策すれば、そのデメリットは緩和します。

ここではパントリーに扉をつけるにはどうするか、解説します。

扉をつけるメリットは?

パントリーに扉をつけるメリットは、パントリーの中をみられにくくできることです。

パントリーはプライバシーの観点で見られたくないという人も多いでしょう。

食材が並んでいると、見栄えがよくないという人もいます。

このような場合に、パントリーに扉をつけるケースは多々あります。

パントリーに扉をつけて後悔しないためには?

しかし、パントリーの扉は使い勝手や湿度の問題があり、後悔する事例は少なくありません。

ここではパントリーに扉をつけて後悔しないための対策を紹介します。

  • 操作しやすい取手にする
  • ロールスクリーンなどで隠す
  • ルーバー扉にする
  • 換気口をつける
  • 扉の位置や開き方を確認する

次で詳しく解説します。

操作しやすい取手にする

パントリーの扉は操作しやすさが重要です。

両手がふさがっているなど、自由に動かせない状態で操作することが多々あります。

特に開戸は手を使わなければ開け閉めできません。

そのため、手で操作しないような方法で開け閉めできる余地があると、便利です。

近年では取手がコンパクトなものも多いですが、取手があるものなどをつけた方が使い勝手はよくなるでしょう。

ロールスクリーンなどで隠す

ロールスクリーンは目隠しにおすすめの方法です。

ある程度の隙間ができ、換気にもなる上、通行の不便にもなりにくいでしょう。

ルーバー扉にする

ルーバー扉は通気性を確保する方法としておすすめです。

ルーバー扉があると、目隠しをしながら、通気性を確保できます。

換気口をつける

換気口をつける方法もおすすめです。

特にパントリーが閉鎖的な空間になっている場合には、換気口をつけることで、通気性がよくなり、保管状況がよくなります。

扉の位置や開き方を確認する

パントリーにつける扉は扉の位置と開き勝手を考えるようにしましょう。

開く方向によって作業の邪魔になる、あるいはそもそも開閉できないという可能性もあります。

また、造作で可動棚をつける場合には、つけられる位置にも影響します。

パントリーを作る場合には、事前の確認が大切

今回はパントリーを作る場合に、後悔しない対策について紹介しました。

パントリーの扉は事前にデメリットを把握し対策を整えることで、失敗することは少なくなります。

この記事を参考に、後悔しないパントリー作りをしましょう。

関連記事

  1. キッチンの可動棚
  2. パントリーで片付ける女性
  3. カーテンレール
  4. 土壁のシミの原因は?
  5. 二世帯住宅がうるさいトラブルの対策
  6. トイレの間取り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA