古い土壁を洋風にしたい!3つの方法と特徴を解説!

古い土壁を洋風にしたい!3つの方法と特徴を解説!

「和室で古くなった土壁を何とかしたい」
そうお悩みではないでしょうか。
古くなった土壁は、見た目によい印象を与えるものではなく、和室が苦手な人の場合は洋風にしたい人もいるのではないでしょうか。
この記事では古くなった和室を洋風にしたい場合、どのように壁を仕上げればよいのか、その方法をお伝えします。
 

土壁を洋風にする3つの方法

古くなった土壁を洋風にする方法としては大まかに3つの選択肢が挙げられるでしょう。

  1. 塗装で仕上げる
  2. クロスで仕上げる
  3. 土壁を塗り直す

これらの方法で古くなった土壁のガラリと変えられるはずです。それぞれの特徴について次で解説します。
 

①:塗装で仕上げる

古くなった土壁を新しくする方法は塗装で仕上げる方法です。
土壁は面が凸凹しており、下地調整が難しく、クロスで仕上げることが難しくなっています。
しかし、塗装の場合であれば、それほど手間をかけず、簡単に対処できるため、コストを抑えたい場合におすすめです。
施工手順も簡単なため、手順さえ守ればDIYでも十分に作業できるでしょう。
ただし、塗装と壁紙の仕上がりの違いが出てしまうため、「他の部屋と違う」印象を与えてしまうかもしれません。
 

②:クロスで仕上げる

先ほど、土壁をクロスで仕上げるのは難しいと書きました。
しかし、土壁をクロスで仕上げる方法もできなくはありません。
ただし、土壁をクロスで仕上げるためには、土壁の面にベニヤをきれいに貼った上で、クロスを貼る必要があります。
そのため、ベニヤを張る工程とクロスを貼る工程が必要になるため、どうしても費用が高くなってしまうことがデメリットです。
ただし、他の部屋と同様の仕上がりにできるため、和室だった部屋を他の部屋と同じ雰囲気で仕上げられます。
 

③:土壁を塗り直す

土壁を塗り直すことも悪い選択肢ではありません。
「土壁だと見た目に印象がよくないのでは」と考える人もいるでしょう。
しかし、土壁にも塗り方が様々で、古臭いばかりのものではありません。
壁紙とは異なる重厚感があるため、お洒落な空間にもできるでしょう。
小川建築では土壁の施工も行っておりますので、よろしければご検討ください。
 

古い土壁を洋風にしてお部屋の雰囲気をリフレッシュさせよう!

この記事では古くなった土壁を洋風にする方法について解説しました。
古くなった土壁を洋風にする選択肢はいくつかありますが、それぞれに特徴があるため、自分の要望に合わせた選択をしましょう。
この記事を参考に、古くなった土壁を自分好みのデザインに新しくしてみてください。

関連記事

  1. 新築に床暖房はあり?導入する5つのメリットとは?
  2. トイレに土壁はデメリットあり?緩和すれば問題ないことも!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA