古民家が寒い!寒さへの対処法4つ

古民家が寒い!寒さへの対処法4つ

「古民家が寒いのをなんとかしたい」
そう考える人も多いでしょう。

古民家は他の家と比べて寒さを感じやすいことが多く、辛い思いをする人も多いでしょう。

この記事では古民家が寒いのを対処する具体的な方法を解説します。

 

古民家の寒さを対処する方法4つ

古民家の冬を対処する方法は以下4つがあります。

  1. サーキュレーターを利用する
  2. 隙間を塞ぐ
  3. 窓の断熱対策を整える
  4. 住宅全体の断熱対策を行う

では次で詳しく解説します。

 

①:サーキュレーターを利用する

古民家の断熱対策の一つはサーキュレーターを利用することです。

古民家で寒さを感じる理由として考えられるものの1つがコールドドラフト現象です。

コールドドラフト現象とは暖かい空気が上に上り、冷たい空気が下に下りる現象です。

この現象が起きると、暖房をせっかく使っていても効果が発揮されにくく、寒い思いをするでしょう。

サーキュレーターを利用し、空気を循環させることで、暖かい空気が下にも下りてきます。

 

②:隙間を塞ぐ

古民家で寒さを感じる原因は隙間風です。

古民家は隙間ができていることが多く、その隙間から冷たい風が入ってしまいます。

隙間の近くで線香を使ってみると、どのくらい風が入ってくるかわかるでしょう。

ちょっとした隙間でも一気に温度が下がってしまうため、隙間がある場合は隙間テープやコーキング、プチプチなどでふさぐと効果的です。

 

③:窓の断熱対策を整える

窓の断熱対策を整えることも寒さ対策に効果的です。

窓は断熱仕様になっていない場合、簡単に冷たい空気が入ってしまいます。

また窓も隙間ができやすい部分のため、隙間がある場合は隙間テープが効果的です。

 

④:住宅全体の断熱対策を行う

住宅全体の断熱対策を行うことも選択肢です。

古民家の場合、断熱材が施工されていないことも多く、寒さを感じやすい原因の1つです。

断熱対策は工事費用が数10万円単位でかかりますが、断熱対策としてはかなりの効果が期待できます。

 

古民家の寒さをしのぎ快適な空間を手に入れよう

この記事では古民家での寒さに対する対処法を解説しました。

断熱材を施工する方法が効果的ですが、それ以外にも寒さへの対処法があり、改善できる可能性があります。

この記事を参考に古民家での寒さに対処し、快適な環境を手に入れましょう。

関連記事

  1. 狭い土地でも広く見える家を建てたい!2つの対処法
  2. 無垢フローリングの掃除
  3. スキップフロアは老後に不安?対処法はあるの?
  4. 事前に防げる?注文住宅で起きるトラブルとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP