何十年ももつ? 土壁の寿命は実際どのくらい

「今住んでいる家が土壁なんだけど、どのくらいもつか知りたい」
「土壁の家を検討しているんだけど、どこまでもつか知りたい」

そうお悩みではないでしょうか。

土壁は、適切な状態で施工してあれば、何十年と特に何かメンテナンスをせずとももつ高い耐久性を持っています。

しかし一方で、すぐにひび割れるや、ポロポロするなどという声も中にはあります。

この記事では、土壁の耐久性はなぜ高いと言えるのか、ひび割れやポロポロ落ちると言われる原因や対処法についてお伝えします。

土壁は適切に塗られていれば何十年と持たせることができる

土壁は適切に施行されていれば、何十年と持たせることができます。

一概にどのくらいもつとはっきりとは言えませんが、40年以上経過していても、なんの問題も起きていないという場合も。

ビニールクロスなどの場合、10年も経てば劣化が目立ちますし、貼り替えが必要になります。

このことを考えると、クロスよりは長持ちすることはほぼ間違いありません。

ただし、地震などによって落ちてしまう場合はある

土壁の注意点としては、地震によって落ちてしまう可能性があることです。

これは、施行不良などではなく、土壁が落ちることで、建物にかかる負担を軽減する役割があります。

また軽い地震でヒビが入ってしまうこともあります。

このような場合は、補修をすることで簡単に修理できますよ。

また硬いものをぶつけると、ポロポロと崩れてしまう可能性も。

そのため、地震などがなく特に問題なければいつまでも問題ないのですが、ぶつけたりなどすると、ヒビや欠けが入る可能性があります。

ヒビが入ったらメンテナンスがおすすめ

万が一何十年も経過している土壁にヒビや欠けができている場合には、メンテナンスである程度対応できます。

具体的な選択肢としては以下のものがあります。

  • 土壁で再度塗り直す
  • 塗装でカバーする
  • クロスを上から貼る

ただし、土壁を塗り直す以外の方法の場合、土壁が本来持っている調湿性などの性質は失われてしまうことには注意しましょう。

また塗装やクロスの場合にはDIYでも十分に作業可能ですが、土壁を塗り直す場合には、高度な技術が求められますので、専門業者に任せましょう。

土壁は、きちんと扱えば寿命は非常に長くなります

この記事では、土壁の寿命はどのくらいか、トラブルが起きた場合にはどう対処するのかについてお伝えしました。

土壁は、歴史が古いためか、「壊れやすい」というイメージがあるかもしれません。

しかし適切に施行されていれば、何十年ももつ耐久性があります。

それに加え調湿性など、土壁特有のメリットもありますよ。

この記事を参考に、長もちする壁を検討していれば土壁を検討してみてください。

関連記事

  1. トイレに土壁はデメリットあり?緩和すれば問題ないことも!
  2. 古い土壁を洋風にしたい!3つの方法と特徴を解説!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP