土壁がおすすめできない人の4つのパターンとは?

「土壁は実際よいのかわからない!」
土壁は、温度や湿度を快適に保ってくれますし、様々なメリットがあります。
また、独特の風合いがあって、見た目の印象もすごくよいです。
ですが、そんな土壁にもちろん多少なりともデメリットはあります。
特に土壁は、どうしてもクロスの家よりも単価が高くなってしまいますので、建ててから、「こんなはずじゃなかった……」と後悔したくはないですよね。
ただ、普段土壁に触れていない人だとどんなデメリットがあるのかわかりにくいのではないでしょうか。
そこで、この記事では、土壁の環境がおすすめできない人はどんな人なのか紹介したいと思います。
この記事で、自分が土壁の環境にうまく合わせられるか、検討してみてください。
 

土壁をおすすめできない人とは?

では、土壁をおすすめできない人にはどんな人がいるのでしょうか。
具体的には、

  • エアコンなどですぐに部屋を温めたい人
  • 細かいヒビが気になる人
  • 画鋲や釘などを打ちたい人
  • 値段重視の人

には、土壁はあまりおすすめできません。
 

エアコンなどですぐに部屋を温めたい人

土壁は、部屋の温度や湿度をある程度調整してくれ快適な環境にしてくれますが、エアコンなどの効きは、高気密・高断熱の家には敵いません
ですので、とにかく冷房が効いている部屋じゃないと嫌な人、部屋がガンガンに温まらないと嫌な人。
そんな人にとっては、もしかするとあまりよくないかもしれません。
とはいえ、土壁の家は、調温性や調湿性が高いため、エアコンなどの冷暖房器具は、それほど重要ではなくなります
土壁の環境であれば、エアコンなどの冷暖房器具を減らしてみてもよいかもしれません(ただし、冬寒い地域でお住まいの人は難しいこともあります)。
また、電気代の節約にも繋がりますよ。
 

細かいヒビが気になる人

また、細かいヒビが気になる人もあまりおすすめではありません。
土壁は、その工法上どうしても細い髪の毛程度のヒビが見えてしまうことがあります。
また部屋の角などは、特にヒビが入りやすく、どうしても多少のヒビが入ります。
ただ、その程度であれば室内環境には全く影響を与えません
ですが、そのヒビがどうしても気になってしまう人であれば、あまりおすすめできないと言えるかもしれません。
 

画鋲や釘などを打ちたい人

土壁には、画鋲や釘は刺さりません。
また無理やり刺してしまうと、ひび割れなどの原因になりボロボロと一部崩れてしまうこともあります。
ただし、土壁ではない柱などにはもちろん指すことができますので、一部を腰壁にするなどすれば、画鋲などを刺すこともできます。
 

値段重視の人

土壁は価格的に、クロスなどより高価になってしまうため、安さを求める人にはあまり向いていません。
土壁は、住環境を整えてくれるのが最大のポイントではあります。
ですが、それ以上に安さを求めて家を買われる方、予算がどうしても厳しい人にとっては難しいかもしれません。
 

土壁の特性を理解して、後悔のない家づくりをしましょう。

この記事では、土壁をおすすめできない人はどんな人なのかについてお伝えしました。
具体的には、

  • エアコンなどですぐに部屋を温めたい人
  • 細かいヒビが気になる人
  • 画鋲や釘などを打ちたい人
  • 値段重視の人

には土壁はあまりおすすめできないとお話ししました。
ただし、これらのデメリットは、土壁で得られるメリットと比べれば、それほど大きな問題ではありません。
メリットもデメリットも適切に理解して後悔のない家づくりをしてくださいね。

関連記事

  1. 塗り壁のデメリットとは
  2. トイレに土壁はデメリットあり?緩和すれば問題ないことも!
  3. 新築に床暖房はあり?導入する5つのメリットとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA