戸建ての2階が暑い原因と対処法

「戸建てに住んでいるけれど、2階が暑くて辛い」

そうお悩みではないでしょうか。

戸建ての2階は、屋根の熱が伝わりやすく、暑さを感じやすい部分です。

そんな2階でも快適に過ごしたいと思い悩む人も多いのではないでしょうか。

この記事では、2階で快適に過ごすための対処法を解説します。

2階は、そもそも暑さが残りやすいところ

戸建ての2階は、暑さが残りやすい部分です。

というのも屋根の熱が直接伝わりやすい部分だからです。

特にトタンやガルバリウム鋼板など断熱性がない屋根材を使うと、より熱が伝わり暑さを感じやすくなります。

また暖かい空気は、上にたまりやすくなる性質があり、1階よりも2階の方が熱がこもりやすいのです。

夏の暑さの対処法

暑い夏の対処方法としては、例えば、以下の方法があります。

  • すだれや緑のカーテンを取り付ける
  • ベランダにすのこを設置する
  • 暑い場合は窓を開けて空気を入れ替える

これらの方法を実践することで、無理なく、暑さを解消できますよ。

すだれや緑のカーテンを取り付ける

すだれや緑のカーテンを外に取り付けるのもおすすめの方法です。

これらの方法はシンプルですが、外の熱が窓に伝わりにくくなり、暑さを感じにくくなります。

窓は、住宅の中でも熱が特に伝わりやすい部分で、熱の70%が窓から侵入すると言われています。

そのため、窓の外にブラインドや緑のカーテンを取り付けることは高い効果を発揮するんですよ。

ベランダにすのこを設置する

ベランダがコンクリートの場合にはすのこを設置するのもおすすめです。

木でできたすのこは熱が伝わりにくいだけではなく、影を作ることで、熱がこもるのを防いでくれますよ。

シンプルながら、効果がある方法なので、ぜひ試してみてください。

暑い場合は窓を開けて空気を入れ替える

暑い場合には、窓を2ヶ所開けて、空気を入れ替えることがおすすめです。

窓を2ヶ所開けることで、空気が入れ替わるのを促す効果があります。

窓を2ヶ所開けるのが難しい場合には、扇風機を使う方法もおすすめです。

夏の暑さは、簡単な対処でも効果が期待できる

この記事では、戸建ての2階では熱がこもりやすい理由と対処法についてお伝えしました。

これで、夏の暑さに対してどう対処すればよいか、そのイメージが掴めたのではないでしょうか。

夏の暑さにお困りであれば、ぜひ試してみてください。

関連記事

  1. 狭い土地でも広く見える家を建てたい!2つの対処法
  2. 平屋にもデメリットはある!後悔しない家づくりをしよう
  3. 事前に防げる?注文住宅で起きるトラブルとは?
  4. 住宅を買って後悔したくない!購入前に考えるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP