無垢フローリングの隙間の掃除で困った!掃除方法さえわかれば怖くない

無垢フローリングの掃除

「無垢フローリングでできた隙間にゴミが落ちてしまった」
そんなお悩みを聞くケースもあります。

確かに無垢フローリングは気温や湿度の影響で伸縮するため、フローリングとフローリングの間に隙間ができてしまうことがあります。

小さなお子さんがいらっしゃる場合には、その隙間にゴミが入り込んでしまいなかなか取り出せない、なんてこともありますよね。

ただし、その方法を知って早めに対処できれば、意外と簡単にその汚れを取り除くことができますよ。

今回は無垢フローリングの隙間にゴミが落ちたときの掃除方法や対処法を紹介します。

無垢フローリングの隙間の掃除方法

無垢フローリングの隙間を掃除する方法は大まかに以下の方法があります。

  1. 無垢フローリングの隙間の掃除は冬がおすすめ
  2. まずは掃除機で吸ってみる
  3. 次につまようじで取り除けないか試す
  4. ただし無理にやって傷つけないように注意

ではそれぞれの掃除方法を具体的に見ていきましょう。

無垢フローリングの隙間の掃除は冬がおすすめ

無垢フローリングの隙間を掃除する場合には冬がおすすめです。

というのも冬場は隙間が大きくなり、ゴミなどを掃除するのが簡単になるからです。

逆に夏場は隙間が小さくなるため、掃除は難しいですし、そもそも隙間が小さいためそうゴミが落ちることはありません。

ただし、冬落ちたゴミを夏場まで放置した、なんて場合にはその汚れを取り出すのは限りなく不可能に近いため、隙間にゴミが落ちた段階で、早めに対処することが大切です。

まずは掃除機で吸ってみる

まずは隙間に掃除機を当てて吸って取れないか試しましょう。
掃除機のヘッドにブラシがついているものであれば、そのブラシが隙間に当たるように掛けてみてください。

簡単な埃やゴミであればそれでも十分に取り除けますよ。

次につまようじで取り除けないか試す

掃除機を掛けたけれど、取れないなんて場合ももちろんあるかと思います。

その場合次にはつまようじを使って取り除けないか試してみましょう。
つまようじは固すぎず、床を傷つけにくいためおすすめです。

掃除機で吸い上げきれないこびりついた汚れなどを取り除くことができます。

ただし無理にやって傷つけないように注意

無垢フローリングに無理に掃除機を掛けたり、つまようじでこすりすぎたりすると、フローリングを傷つけてしまう場合があります。

そのため、隙間を掃除するときに限らず掃除をするときには、無理な力を加えず優しく掃除することを心がけましょう。

無垢フローリングの隙間掃除は早めに処理することが大切!

今回は無垢フローリングの隙間にゴミが落ちてしまった場合の対処法について説明しました。
無垢フローリングの埃は隙間に入ってしまうとなかなか落ちないイメージがある人もいるかもしれませんが、早めに取り除けば、隙間に入っても掃除することはそれほど難しくありません。

もしゴミを落としてしまったなら、まずは掃除機で吸い出せないか、試してみてください。

関連記事

  1. なんとかしたい!注文住宅の夫婦喧嘩の対処法は??
  2. 事前に防げる?注文住宅で起きるトラブルとは?
  3. スキップフロアは老後に不安?対処法はあるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP