開放感抜群!吹き抜けの特徴やメリットまとめました

吹き抜けの特徴

「吹き抜けのある家が欲しい!」
「でもどんな特徴があるの?」
そうお考えではありませんか?

吹き抜けがあることで、家が広く見え、開放感のある空間になります。
ですが、その特徴を理解できていないと、掃除などで、思わぬ失敗をしてしまうことも。

そこでこの記事では、吹き抜けの特徴を簡単にまとめました。

 

そもそも吹き抜けとは?

吹き抜けとは、天井がなく、1階と2階が繋がった空間のこと。

天井が高くなる分開放的に見え、吹き抜けに窓を設置すると、光を効率的に取り入れることができます。
そうすることで、家全体が開放感のある空間になることが特徴。

ただし、吹き抜けにすると、その分だけ2階の床面積が狭くなります。
ですが、敷地に余裕があると、間取りにも不便しません。

 

吹き抜けのメリットは?

吹き抜けの特徴は大まかに言うと、以下の通りです。

  • 家全体に光を取り込み明るくできる
  • 開放感があり、風通しがよくなる
  • 家族間のコミュニケーションが取りやすい

吹き抜けは、1階と2階をまとめた一つの広い空間になるため、全体に開放感があることが特徴です。
また吹き抜けに窓を設置することで、部屋全体が明るくなります。

家族の生活の動きがわかりやすくなり、1階から2階に声をかけることができるなど、声をかけやすくなることもメリットだと言えるでしょう。

 

吹き抜けのデメリットは?

吹き抜けのデメリットは以下の通りです。

  • 冷暖房の効率が下がる
  • メンテナンスや掃除が大変
  • 室内で音や臭いのトラブルが起きるかも

吹き抜けはそうではない家と比べると、かなり空間が広がってしまうため、空冷調の効きが悪くなってしまうことがあります。
また、メンテナンスや掃除の手間がかかるため、そう言ったことが気になる人もデメリットです。

空間が広く繋がっているため、音が伝わりやすくなるため、騒音などが気になる人だと難しいかもしれません。

 

吹き抜けはどんな人におすすめ?

吹き抜けはこんな人におすすめです。

  • 開放感のある家にしたい人
  • 家族間のコミュニケーションを重視したい人
  • おしゃれさや高級感を出したい人

吹き抜けの家は、それなりに敷地の広さが必要ですが、その分高級感やおしゃれさを演出することができます。

また、家族でコミュニケーションを取りやすい状態にしたい人にもおすすめです。

 

こんな人にはおすすめできないかも……

逆に言えば、こういった人には吹き抜けはおすすめできないかもしれません。

  • 敷地面積が十分にない人
  • プライベート空間を大事にしたい人
  • メンテナンスの手間をかけたくない人
  • 冷暖房の効きの悪さが気になる人

上記のような人は吹き抜けを作ってしまうと、「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうかもしれません。

 

吹き抜けの特徴を理解して、後悔しない家づくりを

今回は吹き抜けの特徴を具体的に紹介してきました。
大まかに、どんな特徴があるのかお分かりいただけたかと思います。

吹き抜けを作るのは、おしゃれさや開放感だけで作ってしまうと、後悔してしまうかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP