自然素材の家がホルムアルデヒド対策に有効な理由とは?

自然素材の家がホルムアルデヒド対策に有効な理由とは?

フラットボタン-S
「ホルムアルデヒドの対策に自然素材の家はいいの?」
そうお考えの方もいるのではないでしょうか。
ホルムアルデヒドは新築の家や家具などに含まれています。
過剰に摂取すると、シックハウス症候群になってしまうことも。
その対策に自然素材がよい、と言うイメージをお持ちの方はいるかと思います。
ですが、どうしてなのか今ひとつピンとこない人もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、自然素材の家がホルムアルデヒド対策に有効なのか、その理由をわかりやすく解説します。
化学の話だととっつきにくいイメージもあるかもしれませんが、実はそれほど難しくないんですよ。
では早速見ていきましょう。
 

自然素材の家がホルムアルデヒド対策に有効な2つの理由

自然素材の家がホルムアルデヒド対策に有効なのは2つの理由があります。
具体的には以下の通り。

  1. ホルムアルデヒドがほぼ使われていない
  2. ホルムアルデヒドを吸収してくれるものも。

ではもう少し詳しく見ていきましょう。
 

理由①:ほぼホルムアルデヒドが使われていない

自然素材の家がホルムアルデヒド対策に有効な理由の一つは、ホルムアルデヒドが使われていない素材だと言うことです。
ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の問題が広まってきた昨今、規制ができています。
その一つの事例がF☆☆☆☆(エフフォー)です。
F☆☆☆☆とは、住宅などに使われる建材にどのくらいの化学物質が含まれているかの指標になるもの。
星の数が多いほど、化学物質の量が少なくなり、一番少ないもので星が4つあります。
ただしF☆☆☆☆にも欠点が。
それは大まかに2つあります。

  • 規制されている化学物質がホルムアルデヒドともう1種類しかないこと
  • 星4つのものでも微量の化学物質が含まれていること

また建材には使われていなくても、家を作る過程で使われる接着剤にも含まれている場合があります。
そういったことまで考えると、F☆☆☆☆も万能だとは言えません。
これに対して自然素材は、化学物質を含んでいないものがほとんどのため、ホルムアルデヒドなどの化学物質の量が限りなく0になりますよ。
 

理由②:ホルムアルデヒドを吸収してくれるものも。

自然素材の中にはホルムアルデヒドなどの化学物質を吸収してくれるものがあります。
その一つの例が土壁です。
土壁には細かい気孔がいくつもあり、その気孔によって化学物質を吸着してくれます。
例え、自然素材の住宅であっても、家具などには化学物質が含まれている、そんなこともありますよね。
そんな場合でも、化学物質を吸収してくれる効果があるため、例え化学物質を含むものがあっても、その絶対量を減らすことができます。
 

ホルムアルデヒドが原因のシックハウス症候群は対策が必須

ホルムアルデヒドが原因になって起こるシックハウス症候群は様々な症状を引き起こします。

  • のどや目・鼻などへの痛み
  • めまいや嘔吐
  • じんましんやしっしん
  • 頭痛
  • 疲れやすい

住宅は毎日過ごすもの。
もしシックハウス症候群にかかってしまうと、せっかくのマイホームが苦痛になってしまいかねません。
特に子どもの方が影響を受けやすいため、新しく住宅を建てる場合には、シックハウス症候群への対策は必須だとも言えるでしょう。
 

ホルムアルデヒド対策には自然素材の家がおすすめ!

今回はホルムアルデヒド対策として、自然素材の家がおすすめな理由を具体的に紹介しました。
具体的には以下のものがありましたね。

  1. ほぼホルムアルデヒドが使われていない
  2. ホルムアルデヒドを吸収してくれるものも

これでシックハウス症候群の対策として、自然素材の家がおすすめな理由がおわかりいただけたのではないでしょうか。
「新築を建てたいけれどシックハウス症候群が心配」
そんな方はこの機会に自然素材の家を検討してみてはいかがでしょうか。
 

関連記事

  1. ウレタン塗装
  2. トイレに自然素材の壁はあり?4つのメリットを解説!
  3. 自然素材の家の住み心地
  4. アレルギー対策に自然素材の住宅がおすすめな2つの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA