事前に防げる?注文住宅で起きるトラブルとは?

事前に防げる?注文住宅で起きるトラブルとは?

「注文住宅で起きるトラブルを防いでスムーズに進めたい!」
そうお考えの人は多いかと思います。

注文住宅は、建て売りなどと異なり、全て打ち合わせしながら進めていくため、トラブルが発生しやすいもの。
ですが、家を建てるのは、人生で1度しかないもののため、そういったトラブルで後悔したくないですよね。

そこでこの記事では、注文住宅でよくあるトラブルについて具体的にお伝えします。

注文住宅でよくあるトラブルとは?

注文住宅でよくあるトラブルは以下のものがあります。

  • 工期が予想したよりもかかってしまう
  • 図面と仕上がりが異なる
  • 価格や追加工事のトラブル

ではもう少し詳しく見ていきましょう。

工期が予想したよりもかかってしまう

注文住宅でよくあるトラブルの一つが、工期が予想よりもずれてしまうことです。
特に注文住宅で建てる場合は、工期がぴったりイメージ通りに進むということがないことはよくあります。
というのも、天候などの影響を受けてしまうことがあるからです。

そのため、工事の進行具合をこまめに確認しましょう。
確認しないまま、以前の住まいの退去日を設定してしまうと、大きなトラブルになる可能性も。

ですので、余裕を持ったスケジュールをたて、工程の進み具合は、できるだけしっかりと確認しましょう。

 

図面と仕上がりが異なる

注文住宅でよくあるトラブルの一つが、図面と実際の住宅の仕上がりが異なるということです。
こんなことはあるはずがない、といいたいところですが、実際にはこういったトラブルが少なくありません。

こうしたトラブルは、ちょっとしたコミュニケーションのすれ違いで起こりがちです。
まずはその会社や担当者が信用できる人なのかしっかりと見極めましょう。

  • 打ち合わせしたことをきちんと書面に残っている
  • ちょっとした連絡を丁寧に行ってくれる

こうしたところがきちんとしているところでは、そうしたトラブルは起こりにくくなります。

 

価格や追加工事のトラブル

注文住宅では価格や追加工事のトラブルが起こることが珍しくありません。

例えば、こんな体験をしたならば黄色信号だと言えるでしょう。

  • 無理に契約をさせようとしてくる
  • 金額の確認なしに、追加工事や商品を進めてくる
  • 打ち合わせの結果が書面に反映されていない

契約後でも、費用が関わってくる追加工事が出てくる可能性は確かにあります。
ですが、きちんとしたところでは必ず、事前に書面に残してくれるはずです。

もしそうではないとしたら、本当に信用できるところなのか、場合によっては解約も視野に入れても良いかもしれません。

 

注文住宅で起こりがちなトラブルを未然に防ごう

今回は、注文住宅でよくあるトラブルの事例を少し紹介しました。

  • 工期が予想したよりもかかってしまう
  • 図面と仕上がりが異なる
  • 価格や追加工事のトラブル

これらの対処法は一見すると、難しく感じます。
ですが、結局のところ「その担当が信用できるかどうか」に集約されていることが多いです。

このことを抑えて、しっかりと業者を見極めることができれば、注文住宅でのトラブルを回避することはできるかと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP