家づくりで夫婦喧嘩になる原因は?

夫婦喧嘩の原因

家づくりでは、意見があわず、夫婦喧嘩が起こりがちです。

実際にどのような原因で喧嘩が起きるのか、把握することである程度は予防できます。

今回は家づくりに関して夫婦喧嘩の起きる原因を紹介します。

夫婦喧嘩が起こりやすい原因とは?

夫婦喧嘩が起こる原因になりやすいのは、以下の要素です。

  • 予算
  • 立地
  • 間取り

次で詳しく解説します。

予算

予算は夫婦喧嘩が起こりやすい要因です。

非常に高額のため、ローンを組むことが前提になりますが、以下のような点を決めるのに、問題が生じます。

  • 総額
  • ローンの返済期間
  • 頭金の金額

これらの要素は今後の生活に大きな影響を及ぼすため、事前に話し合っておく必要があります。

また、金額を考えると、「今購入するべきなのか」まで考える必要があるでしょう。

目先の金利や子どもの進学先など、家庭の状況によってもタイミングも関わります。

立地

立地は夫婦間で優先順位が食い違いやすいポイントです。

考慮するべきポイントは以下のものがあります。

  • アクセスのよさ
  • 周辺施設
  • 治安
  • 子育てのしやすさ
  • 実家へのアクセス

家族によって何を重視するのかには違いがあるため、話し合いが欠かせません。

間取り

間取り、特に注文住宅の場合は間取りがトラブルの元になりやすいです。

特に上記の予算との兼ね合いがあり、どこにどのくらいお金を使うのかまで問題になります。

トラブルになりがちな要素としては以下の要素です。

  • 趣味のための空間(ガレージや書斎など)
  • キッチン設備
  • 壁や床の仕様

全てにこだわっていると簡単に予算を超えてしまうため、よく考えましょう。

また、住宅の構造や種類もトラブルの種です。

  • マンションの一室
  • 木造軸組構法
  • ツーバイフォー
  • RC
  • 鉄骨
  • 木組

さまざまな選択肢があるため、どのような選択肢を選ぶべきかも考える必要があります。

夫婦喧嘩の原因を把握し、話し合おう

今回は夫婦喧嘩の原因について紹介しました。夫婦喧嘩の主な原因は以下のものです。

  • 予算
  • 立地
  • 間取り

これら以外にも喧嘩の要因はさまざまですが、これらの要素は特に喧嘩の原因になりがちです。

最悪の場合、新築住宅が原因で離婚の原因にもなります。

よく考えて、納得できる選択をしましょう。

関連記事

  1. 平屋で日当たりがいい家を作るポイントとは?
  2. 困った収納を間取りで解決するには
  3. 二世帯住宅で遊ぶおじいちゃんと孫
  4. 高気密・高断熱住宅とは?
  5. 老後まで住むなら平屋が一番!その4つのメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。