老後まで住むなら平屋が一番!その4つのメリット

老後まで住むなら平屋が一番!その4つのメリット

「老後も住みやすい家を建てたい」
「家族のコミュニケーションが取りやすい家を建てたい」
「地震にできるだけ強い家がよい」
そんな人は、平屋で建築をするのがおすすめかもしれません。
平屋は、1階のみの住宅のことです。
平屋は階段がないため、老後も住みやすく、生活しやすい空間を作ることができます。
ですが、具体的にどんなメリットがあるのかわからないですよね。
そこでこの記事では、平屋のメリットを紹介します。
 

平屋に住む5つのメリット

平屋に住む5つのメリットは以下の通りです。

  1. 地震に強い
  2. 掃除などの家事が楽
  3. 老後も住みやすい
  4. 家族間のコミュニケーションが取りやすい
  5. メンテナンス費を抑えやすい

 

①:地震に強い

平屋は地震に強いことがメリットです。
2階がない分構造的に安定しやすく、地震で倒壊するリスクを大幅に下げることができます。
 

②:掃除などの家事が楽

平屋は掃除が楽になります。
2階がない分動線が短くなるため、掃除などを行いやすくなります。
 

③:老後も住みやすい

平屋は、老後も住みやすい環境で住めることがメリットです。
特に階段は転落のリスクがあるため、階段や段差がない家は、安心して生活しやすいです。
 

④:家族間のコミュニケーションが取りやすい

平屋の家は家族間のコミュニケーションが取りやすい空間です。
リビングが生活の中心になりやすいため、家族が団らんできる空間になります。
また、リビングを中心にした間取りになりやすいため、家族が何をしているか把握しやすいことも特徴です。
 

⑤:メンテナンス費を抑えやすい

平屋は、メンテナンス費を抑えやすい住宅です。
足場の必要性も少なくなり、外壁塗装の面積や工事費も安く抑えやすいです。
 
平屋で、老後の安全や家族の団らんを大切にした家を作ろう!
今回は、平屋に住むメリットを具体的に紹介しました。
具体的には、

  1. 地震に強い
  2. 掃除などの家事が楽
  3. 老後も住みやすい
  4. 家族間のコミュニケーションが取りやすい
  5. メンテナンス費を抑えやすい

がありましたね。
これで平屋に住む具体的なメリットがお分かりいただけたのではないでしょうか。

  • 老後のことも考えた家が建てたい
  • 家族のコミュニケーションを大切にしたい
  • 地震に強い家がよい

そんな人はこの機会に、平屋を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 床暖房導入前に!知っておきたい4つのデメリットは
  2. 平屋にもデメリットはある!後悔しない家づくりをしよう
  3. 吹き抜けの後悔
  4. 完全二世帯住宅で後悔

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。