お金をかけずに結露を防ぐ!いますぐできる4つの対処法とは?

「お金をかけずに結露を防ぎたい!」

そうお悩みではないですか?

結露は健康上の被害だけではなく、家にも大きな悪影響をもたらします。

ですが、結露を防ぐために何をしたらよいのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、結露を防ぐための方法を紹介したいと思います。

お金をかけなくても結露を防ぐためにできることは意外とたくさんあります。

この記事で、結露を防ぐための具体的な行動を理解していきましょう。

 

換気をする

換気をすることで結露を防ぐことができます。

結露は、

  • 外と中の温度差があること
  • 湿度が高いこと

という条件を満たすと発生しやすくなります。

換気をすることで、湿気を含んだ空気を外に出すことができます。

ですので、

  • ある程度こまめに窓を開けて換気をする
  • 換気扇をいつも回しておく

などすることで、結露をかなり軽減させることができます。

 

結露をさせる要因を取り除く

結露を防ぐためには、結露しやすい状況を改善することも効果的です。

具体的には、

  • 加湿器を使う
  • ガスファンヒーターを使う
  • 室内に洗濯物を干す
  • 観葉植物を窓の近くに置く

があります。(詳しくはこちら

これらを意識しておくだけでも、結露を防ぐには一定の効果があります。

 

家具と壁の間に5〜10cmの隙間を作る

家具と壁の間を5〜10cmほど開けることで、その間の結露を防ぐことができます。

また隙間の少ない空間は空気がとどまりやすく、また湿気は下にたまりやすい性質があります。

そのため、壁と家具の隙間を5〜10cm空けるだけで、結露を軽減することができます。

また、押入れの中などは押入れやクローゼットなどは普段閉めっぱなしになりやすく、空気がとどまりやすいです。

そのため

  • 定期的に押入れや開けておく
  • すのこを敷く

のも結露を防ぐためには、効果的です。

 

扇風機を使う

扇風機を使うことで、結露を軽減させることができます。

扇風機を使うことで、空気を循環させることができ湿気のある空気を入れ替えることができます。

 

結露対策をして、快適な環境を作ろう

ここでは結露を防ぐための対策として、

  • 換気をする
  • 結露をさせる要因を取り除く
  • 家具と壁の間に5〜10cmの隙間を作る
  • 扇風機を使う

がありました。

もちろん除湿器などを使うのも効果的ですが、これらを実践してみるだけでも結露を軽減させることが可能です。

まずは、こまめな換気だけでも実践してみてくださいね。

関連記事

  1. 注文住宅のコンセントで失敗しないために!6つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP