エアコンなしでも涼しいの?土壁のメリットとデメリットとは?

土壁って昔の家にされてるもので古臭いなんて思っていませんか?
 
今の住宅には施工されるようなものではないと考えていませんか?
 
今現在建てられている建売の住宅や、ハウスメーカーの作る家では「高気密・高断熱」をうたっているお家が多いです。土壁は気密性という点で不向きな素材なので、そう言った住宅に使う素材としては適していない部分は確かにあります。
 
ですが、それは土壁が近年の壁紙と石膏ボードに劣っているという意味ではありません。
 
高気密・高断熱のお家と、土壁でできたお家は考え方が根本から違っています。ハウスメーカーのお家が「高気密・高断熱」を特徴とするなら土壁のメリットは「通気・調湿・調温」が大きな特徴だと考えています。
 
そんな知っているようで知られていない土壁のメリットとデメリットを紹介したいと思います。
 

・土壁のメリット

 

・ホルムアルデヒドの影響への心配がほぼない。

土壁は基本的に土、竹、わらなど自然にあるものを素材に使っているので、ホルムアルデヒドは発生せず、また、発生したホルムアルデヒドを吸着してくれる効果もあり、化学物質の悪影響をほぼなくすことができるのが大きな特徴です。

 

・強制換気が不要。抜群の通気性と調湿性!

土壁には目には見えない細かい気泡があり、外の空気と中の空気を自然に入れ替えます。空気が循環しやすいため、蒸し暑さや、じめじめした空気を緩和し、快適な空間にしてくれます。そのため、ハウスメーカーの作る家では必ず施工しなければならない強制換気が不要になります。

ハウスメーカーの住宅の場合、気密性が高いため、暑い、寒い、じめじめするといった場合の対処法として、エアコンを使ったり、換気をしたり、除湿器や加湿器を使用する必要が出てきますが、そういった手間もコストもかかりません。

 

・ランニングコストが抑えられる。

家は買って終わりではありません。

ハウスメーカーで建てたお家の場合、外壁の材料としては主にサイディングが多いです。サイディングは土壁より初期投資の面ではお値打ちに仕上げることが可能です。ですが、長期的に見ると必ずしもそうとは言い切れない部分があります。

 

サイディングとサイディングの間の目地にシーリングを充てんするのですが、シーリングの劣化はサイディングより早いため10程度のスパンで再塗装をする方がいいとされています。その際には大きさにもよりますが、100万円~200万円ほどの費用がどうしても発生します。

ですが、土壁の場合はきちんとした施工がして有れば大きなメンテナンスは基本的に必要ありません。サイディングと比べると、最初の施工費が高くついてしまうのですがその後は特にトラブル等ない場合は特にメンテナンス不要なので、余分な出費を抑えることができます。

 

 

・手仕事ならでは! 塗り方一つで壁の表情が大きく変わる。

 

塗り壁は壁の一つ一つが職人の手仕事で仕上げられるため、デザインのバリエーションが非常に豊富です。同じ素材でも塗り方一つ違うだけで趣が大きく変わります。

またインテリアの照明などを使うと、壁紙の平坦な仕上げではできない光の陰影ができ、趣ある仕上がりになります。(画像などあると、ありがたいです)

 

・土壁のデメリット

 

・施工時間がかかり、工費がかかりやすい。

壁紙と違って、土壁や漆喰は塗って終わりではありません。塗った直後は柔らかく、壁がある程度乾いて固くならないと次の工程に進めません。

また、扇風機などで無理やり乾かすとヒビが入りやすくなってしまうため、基本的には自然乾燥をしていく必要があります。そのため、ハウスメーカーの家と比べると、工期が1~1.5倍程度長くなってしまいます。

 

・画鋲などは刺さらない。

 

施工法にもよるので、一概には言えませんが、竹で下地を組んでそこから塗った土壁には画鋲は刺さりません。刺さらないだけじゃなく、ボロボロと欠けてしまいます。

どうしても使用したい場合は柱に対して使用するか、そこだけ画鋲が紗刺さるように違う材料を使うなど、対策が必要になります。

 

・壁の角にひびが入る。また、他の場所にもヒビが入る可能性もある。

 

職人の腕の影響で差が出てくる部分でもあるのですが、壁の角には年月を経ると必ずヒビが入ります。どれだけ頑丈に作ったとしてもです。大きな車が通れば人が体感しないレベルでも、振動していますし、その結果特に家の角のヒビは回避できない部分はあります。

ただし、壁紙が傷んだり、した場合はその面をすべて張り替えないといけなくなってしまいますが、土壁は部分補修が可能です。またヒビが入っても、家そのものに悪影響はなく、メンテナンスも基本的には不要です。

 

 

まとめ

土壁のメリット

・ホルムアルデヒドの影響への心配がほぼない。

・強制換気が不要で通気性と調湿性が高い。

・ランニングコストが抑えやすい。

・すべてが手仕事なので、デザインのバリエーションが多彩。

 

土壁のデメリット

・施工時間がかかり、工費がかかりやすい。

・画鋲は刺さらない。

・家の角にはヒビが入る。

 

土壁の大きな特徴をまとめると、初期投資はかかるが、長い目で見ると必ずしも高いわけではありません。むしろ長い目で見ればメンテナンスの費用や電気代などが抑えやすいです。また、ホルムアルデヒドなどの有害物質を抑えることができるので、眼に見えにくいですが、健康や快適さなども踏まえて考えればコストパフォーマンスは実はとても高いのが土壁の家の特徴です。

 

新築でお家を立てるときは初期投資だけではなく、ランニングコストなども見て、検討してみて下さいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP