木組みの家づくり

 自然の空気を感じる、ぬくもりある家作りを

小川建築は三重県四日市市で純和風の木造建築やリフォームを中心に手掛け、「愛すべき日本の家」づくりを目指している大工集団です。
弊社こだわりの技術や持ち味を少し紹介させていただきます。

 宮大工で培った「木組み」の伝統技術をフル活用した家づくりを

宮大工とは仏閣や神社などの「文化財」の修繕などを行う大工のことです。一般の住宅を建てる大工さんと何より違うのはすべての工程を「手作業」で行っていることです。

一般的に住宅の大工さんはあらかじめ工場でカットされた木材を釘や金物で固定して家を作ります。ですが、宮大工は金物を使いません。自らの加工場で木材の継ぎ目にも全て手作業で加工していきます。

また飾りなどの細やかな手作業も行うことができ、技術だけではなく、美術的にも優れた感覚が求められています。そのためその技術は、とても高度である分、扱える人間もとても少なくなってきています。そんな貴重な技術を惜しみなく使った家づくりをしたいと考えています。

また昔の家は耐久性に問題があると思われる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、それは間違いです。木組みの家は大地震が起きてもしなやかに受け流すことのできる強さがあり、耐久性にも優れています。

弊社では宮大工で修業をした経験を活かし、同業者ではまねのできない「本物」の家を作ります。

 どんな季節でも心地いい! 土壁だからこその「空気」の良さを感じてください

弊社では西洋建築で多用される石膏ボードをほとんど使いません。代わりに手刻みのえつり竹を使った土壁つくりの工法で家づくりを行っています。

自然の素材を使っているため、万一火事になっても有害物質をほとんど発生させません。また通気性が抜群に高く、湿度や、温度を調整し、過ごしやすい空間にしてくれます。また自然素材特有の温かみがあり、独特の風合いがあります。

現代の家作りでは高気密・高断熱をセールスポイントとして売っている家が数多くあります。温めた空気や冷やした空気を外に逃がしにくいというメリットがありますが、換気性能が低く、湿気などがこもってしまう可能性もあります。

どちらにもメリットがあるので、一概にどちらがいいとは言えない部分もあります。ですが、土壁が作る「居心地の良さ」は、西洋建築の住宅ではなかなか感じられない珍しいものなのでぜひ一度体感していただきたいと考えています。

 経年変化を楽しめる家を

西洋建築で建てられた家は何年も住んでいくと経るごとに劣化していきます。壁紙も何年もすると継ぎ目からはがれたり、ボロボロになったりします。

それは土壁や木組みの家でも年月を経るごとに変化していくのですが、壁紙などと違い独特の「美しさ」が出てきます。その独特の変化をぜひ楽しんでいただきたいと思います。

 注文住宅ならでは! あなたのこだわりの間取りも仕様も思いのままです。

弊社の新築は完全注文住宅です。そのため、一つ一つの間取り、仕様などを打ち合わせしながら決めていきます。床の素材、壁の仕様などを決めていくプロセスでは悩むことももちろんあると思います。ですが、よりいい間取りを考えて試行錯誤するプロセスを楽しめるということでもあります。

一つ一つ手間暇をかけているからこそ、完成してからも愛着の持てる家が完成します。

 柳のように地震の衝撃をしなやかに受け流す。温故知新の技。

記憶に新しい東北の震災のことももちろんですが、三重県は東南海地震がいつ起きてもおかしくない地域です。特に古い家だと地震が起きてしまった場合倒壊してしまう可能性があります。阪神大震災の際の死亡の大きな原因がこの倒壊によって潰されてしまったことが原因なので決して無視はできません。
その中で暮らす私たちだからこそ、耐震のことを考えている人も多いと思います。だからこそ、どんな構造で建てるのかは気になる要素だと考えています。その中で弊社では「木組み」による家づくりを行っています。
「木組みの家」と聞くと、もしかするとこう考える人もいるかもしれません。
「木組みの家」は地震に弱いのでは?
でも、そういうわけでは決してありません。むしろ逆できちん施工してある家は耐震性能がとても高く、強い地震でもその衝撃をしなやかに受け流すことができる強さがあります。
例えていうなら柔道の受け身のようなもの。受け身を失敗したら、どんなに鍛えていても、けがをしてしまいます。ですが、しなやかに衝撃を受け流すことで自分へのダメージをものすごく減らすことができます。
どれだけ高度な技術で建てられた家でも、地震でダメージを受けない家はありませんが、倒壊の心配の少ない家を建てることができます。もちろんそれは木組みの家でも例外ではありません。ですが、金物を使わずに施工された木組みの家は衝撃でダメージを受けても、しなやかに受け流せるため木材へのダメージが少ないのです。

「風通し」が生む「エアコン」の要らない家。

高気密・高断熱の住宅の特徴は外の熱を遮断し、中の空気を逃がさないという点です。ですから、エアコンで部屋を暖めたら、熱が外に逃げにくく、快適な空間を維持しやすいというとが大きなメリットですが、デメリットもあります。高気密・高断熱とは逆にビニールハウスのような家であるとイメージしてください。熱を逃がしにくい分空気が停滞しやすいのです。
木組みの家は根本的に考え方が違います。木組みの家の特徴を言い表すなら「風通しの良さ」です。陽射しをコントロールするために長いひさしを使ったり、土壁を用いることで部屋全体に空気が入れ替わっていくようなイメージです。

当然エアコンの効きは高気密・高断熱の家にはかないません。ですが、そもそも快適な空間として家全体の空気が循環しているのでそもそもエアコンを使う必要性が少ないのが木組みの家の特徴です。

PAGE TOP