家の中で熱中症を防ぐには?効果的な対策4選

家の中で熱中症を防ぐには?効果的な対策4選

夏の熱中症は重症になると、命の危険もあるため、対策が必要です。

しかし、どのように対処すればよいか、わからない人も多いでしょう。

この記事では夏の熱中症対策について詳しくお伝えします。

 

熱中症とはどんな症状?

熱中症とは身体の体温調節がうまくできず、身体の熱が逃せなくなった状態です。

熱が身体にこもる結果、頭痛や吐き気、手足の痺れなどを引き起こします。

重症になると意識が混濁し、命に関わることも。

特に高齢者の方などが家で一人で過ごしていると、気づかない間に重症化することが多いです。

そのため、事前に対策して置くことが大切です。

 

熱中症の効果的な対策は?

熱中症の効果的な対策としては以下の物があります。

  1. 温度と湿度を意識する
  2. エアコンを効果的に使う
  3. こまめな水分補給と塩分補給
  4. 窓の日差しを遮る

次で詳しく解説します。

 

温度と湿度を意識する

熱中症になりやすいのは、高温多湿な状況です。具体的に言えば、室温が28度、湿度が70%を超える場合に注意しましょう。

多湿な環境では汗が出にくくなり、体内の熱を外に排出しにくくなります。

エアコンや除湿機をうまく使い、部屋が快適な状態になるよう意識しましょう。

 

エアコンを効果的に使う

熱中症対策としてはエアコンを効果的に使うことが大切です。

エアコンを使うと言っても、具体的な方法を知らない人も多いでしょう。

具体的には、以下の点を意識します。

  1. 部屋が暑い場合は最初に換気をする
  2. 扇風機を活用する
  3. 家に隙間があると、効果が半減

詳しくは「意外とできてないかも?エアコンを最大限生かす方法」をごらんださい。

 

こまめな水分補給と塩分補給

熱中症対策としてはこまめな水分補給と塩分補給が大切です。

室内にいる場合でも、熱中症対策として水分補給は欠かせません。

「のどが渇いたら飲む」と考える人も多いですが、のどが乾いた状態はすでに遅いです。

そのため、意識的に水分補給を行いましょう。特に高齢者の方はのどの渇きを感じにくいため、要注意です。

また夜寝る前も水分補給が大切です。

寝る前は水分が失われやすいため、意識して水分を摂取しましょう。

 

窓の日差しを遮る

夏の厳しい日差しによって、部屋はいやでも温められます。

その日差しを窓の外からさえぎるのも効果的です。

具体的な方法としては以下の物があります。

  • 外付けのブラインドをつける
  • すだれを外にかける
  • 緑のカーテンを利用する

リフォームなど大掛かりな工事をせずとも、効果がある方法があるため、ぜひ試してみてください。

 

熱中症は事前対策で予防しよう

この記事では熱中症の事前対策についてお伝えしました。

熱中症は家の中でもかかる可能性があり、高齢者の方などは特に注意が必要です。

しかし、事前に対策すれば、熱中症になることはそうないでしょう。

これらの点を参考に熱中症に負けない生活を手に入れましょう。

 

夏快適な住宅なら、土壁もおすすめ

「できるだけ夏を快適に過ごしたい」という人も多いでしょう。

夏の暑さにお悩みの方におすすめなのが、土壁です。

土壁は調温や調湿の効果があり、熱中症になりにくい環境づくりに貢献しますよ。

 

関連記事

  1. 自然素材の家の住み心地

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP