土壁のひび割れに対処法はある?経年劣化は難しい

「土壁にひび割れが入ってしまう」
「土壁のひび割れをなんとかしたい」

そうお悩みではないでしょうか。

土壁のひび割れは経年劣化によるものが大きく、どれだけ注意しても、起きる可能性があります。

ここでは土壁のひび割れの対処法について解説します。

 

土壁のひび割れの原因

土壁のひび割れの原因は、以下のものがあります。

  • 下地の影響を受けているため
  • 水分が乾いていくことで収縮するため
  • 地震による揺れ
  • 経年劣化
  • 角のヒビは避けられない

それぞれの原因については以下の記事で詳しく解説しています。

土壁にひび割れが起きる原因は

 

土壁のひび割れの対処法

土壁のひび割れは土壁の塗り直しか補修をする必要があります。

少々のひび割れは左官職人で簡単に補修可能です。

ただし、軽度なひび割れは避けられず、補修をしなくても特に対処する必要はありません。

 

DIYでの補修は非推奨

土壁の補修は左官工事で可能ですが、DIYでの補修は非推奨です。

作業が難しく、補修痕が残りやすいため、補修痕の方が悪目立ちします

そのため、DIYでの補修ではなく、業者に修理を任せる方がよいでしょう。

 

古い住宅のひび割れは塗り直しも選択肢

先ほども紹介したように、土壁は経年劣化によるひび割れがどうしても避けらません。

そのため、古い住宅の場合は塗り直しも選択肢です。

塗り直しであれば、全て土壁を一新できるため、見た目にきれいになるでしょう。

 

軽度なひび割れは施工品質に影響しない

土壁はひび割れるのは施工不良が原因の場合もなくはありませんが、施工品質にかかわらず、ひび割れる可能性はあります。

たとえ、最初の段階でひび割れしなくても、年月を経過すればいずれはひび割れるものです。

またひび割れは表面の軽度なものであれば、住宅としての品質に特に影響を与えません。

そのため、土壁のひび割れを気にせずに置いておくのも選択肢です。

隙間から風が入ってくるなどする場合は対処が必要なものの、施工不良ではない限りその必要性は少ないでしょう。

 

土壁のひび割れ補修は左官業者にお任せ

この記事では土壁のひび割れ補修の対処法について解説しました。

土壁のひび割れは経年劣化によって起きる可能性があり、いずれはひび割れます。

ただし、ひび割れたからと行って、住宅の特に影響を与えないものがほとんどです。

 

関連記事

  1. 妊婦さんや子育て世代に土壁がおすすめ!4つの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP