夏の暑さをなんとかしたい! その原因とは

「部屋に入ると空気がむわっとしていて暑い」
そんな体験を誰もがしたことがあるのではないでしょうか。

ただでさえ、暑くて疲れている中帰ってきて、部屋まで暑くなっていると、気が滅入ってしまいますよね。

この記事では、夏部屋が暑くなる原因について詳しくお伝えします。

夏暑くなる原因は?

夏部屋に暑さが感じられやすいのは以下の理由があります。

  • コンクリートマンションは熱を伝えやすい
  • 2階や最上階の部屋
  • 窓から入ってくる熱

ではそれぞれの理由について見ていきましょう。

コンクリートマンションは熱を伝えやすい

コンクリート打ちっぱなしでできている住宅は、熱を伝えやすくなっています。

特に、デザイナーズマンションなどは、見た目はオシャレですが、夏場外からの熱気の影響をかなり受けてしまい、部屋を暖めてしまうことが多いです。

屋根の断熱性を高めていればよいですが、どうしても熱がこもりやすく、暑さを感じやすいということには注意しましょう。

こちらは構造が関わるため、対処が難しくなっています。

夏の暑さが気になる人はデザイナーズマンションなど、コンクリートでできた素材に住むのは避けた方がよいと言えるでしょう。

2階や最上階の部屋

2階や最上階の部屋も熱を溜め込みやすい空間です。

なぜなら、2階や最上階の部屋は、屋根の熱が直接伝わってしまうからです。

屋根から伝わってくる熱が部屋の中まで来てしまいますので、部屋の中の温度を上げてしまうのです。

環境的な問題とはいえ、断熱材の施工や、窓の断熱性の強化などを通して断熱性を上げれば、体感温度を確実に下げられます。

窓から入ってくる熱

真夏の熱は窓から入ってくるものの影響も大きくなっています。

窓から入ってくる熱は、家の中に入ってくる熱の70%を超えると言われています。

窓から入ってくる熱を抑えるには、以下の方法が効果的です。

  • ガラスをペアガラスにする
  • 二重サッシにする
  • ブラインドを取り付ける
  • 緑のカーテンを取り付ける

窓のリフォームが効果的ですが、緑のカーテンなど、簡易的にできる対策もあります。

これらの対策を施すことで、窓から熱が入らなくなると、部屋の環境は確実によくなりますよ。

夏の暑さの原因を知り、適切な対処を行おう

この記事では、夏の暑さの原因をお伝えしました。

夏の暑さは家の構造などが関わっており、あらかじめ対策しておくことで、不快な熱のこもりを抑えられます。

夏の暑さを緩和したいのであれば、このような原因を取り除くことを意識してみましょう。

関連記事

  1. 古い土壁を洋風にしたい!3つの方法と特徴を解説!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP