平屋は日当たりが悪い?明るい家を作るポイント

平屋で日当たりがいい家を作るポイントとは?

「平屋は日当たりが悪いというけれど本当?」

「日当たりが悪くならないためにはどんな対策がある?」

そうお考えではありませんか?

平屋は開放的な空間と、コミュニケーションの取りやすいシンプルな間取りが魅力ですが、日当たりが悪くなりがちという欠点があります。

ですが日当たりをよくするためにどんな工夫が必要なのか、今ひとつわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、平屋でおすすめの日当たり対策について具体的にお伝えします。

これらのことを意識すれば、平屋でも十分日当たりのよい家を建てることができます。

では早速見ていきましょう。

 

平屋でも日当たりをよくするための4つの工夫とは?

平屋でも日当たりをよくするためには具体的にどんな対策が必要なのでしょうか。

具体的には以下のような対策があります。

  1. 周りの建物の大きさを確認する
  2. 天窓を設置する
  3. 中庭を設置する
  4. 細長い形の間取りにする

 

周りの建物の大きさを確認する

平屋の日当たりを考えるときに考えるべきことの一つは、周りの建物の大きさを確認して間取りを考えることです。

特に、土地を購入してからでは対処が難しいため、購入する前に家を建てる土地の周りをよく確認しましょう。

特に日当たりを気にするのであれば、以下のことが土地を見るときのポイントになります。

  • 南側に道路がある
  • 周囲の建物で日当たりに影響しない
  • 開口の場所でプライバシーの問題は起きないか

などを確認するのがおすすめです。

 

天窓を設置する

日当たりを意識するのであれば、天窓を設置するのもおすすめです。

平屋は真ん中まで日の光が届かないことがあります。

そういったことの対処法として天窓を施工するのは効果的です。

 

中庭を設置する

平屋の日当たりをよくするためには、中庭を設置することもおすすめです。

中庭は日当たりだけではなくそれ以外のメリットもあります。

具体的には以下のメリットがあります。

  1. 風通しがよくなる
  2. 緑を設置することで、涼しい空間を作りやすい
  3. バーベキューなどにもおすすめ

 

細長い形の間取りにする

平屋の日当たりをよくするのであれば、細長いような形にすることもおすすめです。

建物を細長い形にすることで、日の光の量をある程度安定して入れることができます。

ただし、土地の形状などで難しい場合もあるため注意しましょう。

 

平屋でも日当たりのよい家は建てられる!

今回は平屋で日当たりをよくする方法を具体的にお伝えしました。

具体的には以下のものがありましたね。

  1. 周りの建物の大きさを確認する
  2. 天窓を設置する
  3. 中庭を設置する
  4. 細長い形の間取りにする

これらのポイントを抑えれば、平屋でも日当たりのよい家を建てることは十分に可能です。

ぜひ参考にして見てくださいね。

関連記事

  1. 安く注文住宅を建てるなら工務店がおすすめ!その4つのメリットとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP