暑い日々にさよなら!夏涼しい家を建てるための2つの選択肢

「夏の暑い日でも涼しい家に住みたい!」

そう考えていませんか?

夏は暑くてジメジメしやすいために、そういった状況を回避したいという人は多いですよね。

その解決策としては、大まかに二つの選択肢があります。

今回はその選択肢を2つ紹介したいと思います。

 

夏涼しい家に済むための2つの選択肢

夏涼しい家に済むためには、大まかに2つの選択肢があります。

具体的には、

  • 家の機密性・断熱性に注目する
  • 土壁・自然素材を使う

です。

 

家の気密性・断熱性に注目する

夏涼しい家に済むためには、家の気密性と断熱性に注目するのが一つの選択肢です。

家の気密性と断熱性能が高いことで、

  • 冷暖房のききがよくなる
  • 熱が外に逃げにくい

というメリットがあります。

ですが、デメリットとしては、24時間換気があっても、空気が効率的に循環しないことです。

新築で建てた家はシックハウス症候群などを引き起こす、有害な物質が含まれていることも少なくありません。

そういった家の場合、気密が高すぎると、有害物質が逃げていかなくなってしまいます。

換気の問題で、石油ストーブなども使えません。

 

土壁・自然素材を使う

夏涼しい家にするためのもう一つの選択肢が、土壁と自然素材を使った家を作ることです。

土壁は湿気や温度を吸収し、快適な温度に保ってくれる効果が期待できます。

高気密・高断熱の家の場合は、涼しい環境にするために冷房をきかせる必要があります。

ですが土壁で作った家の場合、冷房なしでも快適な空間を作ることができるのもメリットです。

冷房や暖房を使わずに済むことで、電気代を抑えることもできます。

ただしデメリットとしては、初期投資が高くついてしまうことがあります。

土壁の家のメリットとデメリットについては、「エアコンなしでも涼しいの?土壁のメリットとデメリットとは?」に詳しくまとめましたので、ぜひ一度ご覧下さい。

 

夏涼しい家を作って快適な住環境を過ごそう

今回は夏涼しい家を作るにはどんな方法があるのか、具体的に紹介してきました。

具体的には、

  • 家の機密性・断熱性に注目する
  • 土壁・自然素材を使う

がありましたね。

これで夏涼しい家にするためにどんな方法があるのか、ざっくりとお分かりいただけたのではないでしょうか。

これらを踏まえて、自分にあった選択をして下さいね。

 

土壁で夏涼しい家を作るなら小川建築がおすすめ!

「夏涼しい家がいい!」

「でも、シックハウス症候群などは不安」

そんな風にお考えでしたら、小川建築がおすすめです。

三重県で木組みと土壁の家を建てることを得意としており、

  • 土壁を使い、快適な環境の中で過ごしたい
  • コストパフォーマンスが高い家で過ごしたい

そんな人におすすめの家づくりをしています。

小川建築についてのお問い合わせ」はこちらからどうぞ。

関連記事

  1. 意外に簡単?自然素材の家のメンテナンスは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP