注文住宅とは?建売、分譲住宅との違いは

「注文住宅って何?」

「新築で家を建てるなら細かいところまでこだわりたい!」

そうお悩みではありませんか?

注文住宅は、お客様の要望に合わせて家を建てることができるため、細かい注文まで対応することができます。

ですが、注文住宅と分譲住宅、普段あまり耳にする言葉ではなく、どう違うのかイメージがつかないですよね。

そこで、この記事では、注文住宅と分譲住宅についてその違いを具体的に見ていきたいと思います。

 

注文住宅とは?

注文住宅とは、建物の具体的な仕様を全て打ち合わせしながら決めるオーダーメイドの住宅です。

決められることは、

  • 建物の間取り
  • 外装
  • 内装

などの基本的なところから、細かいところでいえば、

  • 断熱材
  • 窓の種類

などまで決めることもできます。

そのため、自由度が高く、まさに自分の要望を反映させた家を作ることができます。

ただし、決めることが多いため、

  • ある程度の勉強が必要になる
  • 建てるのに時間がかかってしまう
  • 建築会社によって決められる範囲に制限がある場合がある

ということがデメリットです。

 

分譲(建売)住宅

分譲(建売)住宅とは、既に建ててある家を土地ごと購入することです。

場合によっては、仕様だけが決まっており、建築中の段階で販売することもあります。

そのため、

  • 予算を決めて購入できる
  • 実物を見てから購入できるので、不安感は少ない

というメリットがあります。

分譲住宅は、土地や家を込みで販売するため、販売価格がはっきりとしています。

これに対して注文住宅は、仕様を変えると、金額も変動しますし、別途で様々な諸経費が発生するため、正確に予算を出すことが難しい場合もあります。

また、分譲住宅は、一気に建てるため、建築コストを削減することができ、比較的安価で購入することができます。

デメリットとしては、

  • 間取りなどの自由度はない。
  • 建物の中の構造は確認できない

というデメリットもあります。

 

注文住宅と分譲住宅の特徴を把握して、自分にあった家を手に入れよう。

ここでは、注文住宅と分譲住宅のそれぞれの特徴を簡単に紹介してきました。

注文住宅と、分譲住宅の特徴は、

  • 注文住宅:オーダーメイドで家を建てられる
  • 分譲住宅:予算を決めて、購入するまでのハードルが低い

という特徴がありました。

どちらがよいではなく、それぞれに特徴がありますので、自分にあった住宅を選んでみてくださいね。

 

三重で注文住宅をお探しなら、小川建築で!

小川建築は、三重で宮大工の技術を使い、

  • 木組み
  • 土壁

の家づくりを得意としています。

お客様と一から打ち合わせを行いますので、お客様の細かい要望まで反映させることができます。

自然素材の他にはない家を作りたい

純和風の凝った家づくりがしたい

そんな人におすすめです。

問い合わせはこちら

関連記事

  1. 安く注文住宅を建てるなら工務店がおすすめ!その4つのメリットとは?
  2. スキップフロアは老後に不安?対処法はあるの?
  3. なんとかしたい!注文住宅の夫婦喧嘩の対処法は??

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP